CSR お客さまとともに

聴覚に障がいのあるお客さまにも、より安心して飛行機をご利用いただけるようになりました。

お客さまの声
聴覚に障がいがあるため、飛行機が遅れたり、欠航したときに情報が伝わってこないのではないかと不安です。その際に手話のできるスタッフがいれば話しかけやすいと思います。また、空港カウンターや保安検査場でスムーズな手続きができるような工夫もお願いします。(10代 女性)
JALからお客さまへ

JALでは、お客さまからのご提案をきっかけに、2012年3月25日より2つの新サービスを採用しました。ひとつ目は、客室乗務員の「手話バッジ」の着用です。手話バッジを付けることで、手話ができる客室乗務員が一目でわかるようになり、お客さまに安心してお話しいただけるようになりました。ふたつ目は、指差しでコミュニケーションが図れる国内線の案内ボード「コミュニケーションボード」の実用化です。カウンター、保安検査場のそれぞれのシチュエーションで手続きが簡単に済むように工夫を凝らしました。
これらのサービスは、お客さまとJALが一緒に取り組んで実現したものです。これからもお客さまの声を真摯に受けとめ、よりよいサービス提供を目指します。どうぞご期待ください。

※コミュニケーションボードは、JALのHPからもダウンロードできます。

(新しくウィンドウを開きます)UDホームページ