CSR お客さまとともに

国内線ファーストクラスの機内食サービスがますます充実しました。

お客さまの声
「仕事でよくJALの国内線を利用します。ファーストクラスの機内食はとても美味しいのですが、往復ともに同じメニューだったのが残念でした。」
(50代男性)
JALからお客さまへ

お客さまのご要望にお応えし、2017年4月より国内線ファーストクラスでご提供するお食事のうち、朝食と昼食について、羽田を出発する便と到着する便で異なるメニューのご提供を開始しました。加えて、頻繁にご搭乗いただくお客さまにもお楽しみいただけるよう、朝食、昼食、夕食ともにメニュー内容を10日ごとに変更しております。さらに、もっとボリュームが欲しいとのお声をお寄せいただいていた午後帯の軽食サービスを廃止し、昼食サービスを17時前に出発する便まで拡大しております。そのほか、17時以降に出発する便(沖縄線は18時以降に到着する便)では、月替わりで日本各地の名店による監修メニューをご提供しております。お飲み物についても全時間帯を通じて、厳選したシャンパン、赤ワイン、ビール、日本各地の銘酒(月替わり)、焼酎『森伊蔵』などのアルコール類、ソフトドリンク各種をご用意しております。どうぞ国内線ファーストクラスをご利用いただき、快適な空の旅をお楽しみください。
JALグループはこれからも、お客さまの声を大切にサービス向上に努めてまいります。

イメージ

(機内食イメージ)7月夕食:『日本の宿 古窯』による監修メニュー