CSR お客さまとともに

海外からお越しになるお客さまへの言語サポートサービスを導入いたしました。

お客さまの声
「初めて日本を訪れた際、日本国内での旅行中に、空港で言葉がわからず不便に感じたことがありました。母国語で理解することができれば助かります。」(50代男性)
JALグループからお客さまへ

JALグループでは、海外からお越しになる多くのお客さまに、複雑な内容の応対でも言語の壁を感じることなく安心してご搭乗いただくために、2017年12月より多言語映像通訳サービスを東京(羽田)・札幌(新千歳)・函館空港国内線ターミナルに導入いたしました。
これはタブレット端末などのビデオ通話機能を活用したサービスで、お客さまのご要望に応じて、空港スタッフが専用アプリケーションから通訳オペレーターを介して、15カ国語*に対応した通訳サービスを提供いたします。今後も海外から日本を訪れたお客さまのさらなる利便性向上に尽力してまいります。どうぞご期待ください。
JALグループはこれからも、すべてのお客さまに快適な空の旅をお楽しみいただけるよう、取り組んでまいります。

*対応言語:英語・中国語・韓国語・ベトナム語・タイ語・マレーシア語・インドネシア語・タガログ語・スペイン語・ポルトガル語・ロシア語・フランス語・イタリア語・ドイツ語・ネパール語
※ 一部言語においては、音声のみでのご案内、また対応時間に限りがございます。あらかじめご了承ください。