CSR コンプライアンス体制

企業活動における関連法令・規則の順守を徹底するべく、日本航空総務部をJALグループのコンプライアンス総括部門と位置づけ、さまざまな施策展開を通じて社員の意識啓発に注力しています。
グループ各社の役員を委員とする「JALグループ コンプライアンス・ネットワーク」を組織し、関連情報の迅速な共有を図るとともに、コンプライアンス情報誌やメールマガジンの定期的な発行、イントラネットを通じた情報発信などによりグループ全体のコンプライアンス風土の醸成に取り組んでいます。