CSR JALグループのCSR基本方針

JALグループのCSR基本方針

JALグループは、将来の世代により良い社会を繋げることを目指し、
日本の翼として、本業である航空輸送事業を通じて、
社会からのご期待にお応えするとともに、さまざまな社会問題の解決に取り組みます。

JALグループ企業理念

JALグループは、全社員の物心両面の幸福を追求し、
一、お客さまに最高のサービスを提供します 。
一、企業価値を高め、社会の進歩発展に貢献します。

日本と
世界を結ぶ

次世代育成

安全・安心

環境

社会課題
の解決

事業

事業以外

JALフィロソフィ

1

2

3

4

CSR

1. JALグループ全体で取り組みを推進します

4つの重点領域を主軸に据え、必要に応じて事業との連携を図りながら、グループ全体で取り組みを推進します

2. 本業である航空運送事業を生かします

航空運送事業を通じて、社会課題の解決に努めます

3. JALだからこそできることを追求します

グループ全社員共通の意識・価値観・考え方であるJALフィロソフィを取り組みの根底に据え、JAL独自の取り組み・価値につなげます。

4. 社会の一員として、広く社会に貢献します

社会の一員として広く社会課題を捉え、解決に努めます

国連グローバルコンパクト

JALグループは、2004年12月より、国連が提唱する「グローバル・コンパクト」に参加しています。
JALグループは、すべての企業活動において、「グローバル・コンパクト」の10原則を支持し、実践してまいります。

国連グローバル・コンパクトの10原則

CSR活動の推進体制

ISO26000を参考にグループのCSR活動の推進状況を点検して、有効にPDCAサイクルを回し、CSR活動の改善・推進を図っていくため、日本航空社長をトップとする「CSR委員会」にて、6カ月ごとに審議検討を行います。

ISO26000とは