CSR 国連グローバル・コンパクトへの参加

グローバル・コンパクトは1999年1月、コフィー・アナン国連事務総長が提唱し、翌2000年7月正式に発足しました。グローバル・コンパクトは世界各国の参加企業に対して人権・労働・環境・腐敗防止の10原則を実践することを求めています。 JALグループは、2004年12月よりグローバル・コンパクトに参加し、お客さま、文化、そしてこころを結ぶ企業活動を通じて、グローバル・コンパクトの10原則を確実に実践し、日本と世界の平和と繁栄に貢献します。

JALグループは、2004年12月より、国連が提唱する「グローバル・コンパクト」に参加しています。

グローバル・コンパクト10原則

人権

  1. 企業はその影響のおよぶ範囲内で国際的に宣言されている人権の擁護を支持し、尊重する。
  2. 人権侵害に加担しない。

労働

  1. 組合結成の自由と団体交渉の権利を実効あるものにする。
  2. あらゆる形態の強制労働を排除する。
  3. 児童労働を実効的に廃止する。
  4. 雇用と職業に関する差別を撤廃する。

環境

  1. 環境問題の予防的なアプローチを支持する。
  2. 環境に関していっそうの責任を担うためのイニシアチブをとる。
  3. 環境にやさしい技術の開発と普及を促進する。

腐敗防止

  1. 強要と賄賂を含むあらゆる形態の腐敗を防止するために取り組む。