このページの本文へ移動

航空安全の歩み

航空事故が発生すると、原因究明のための調査が徹底して行われます。過去の事故から得られた教訓は、事故の再発防止や被害の軽減に活かされてきました。
技術の進歩、訓練による技量の向上、ヒューマンファクター研究など、航空業界全体の不断の取り組みによって、航空安全の向上が図られており、2015年の航空事故発生率は、100万回飛行あたり0.32件と、1959年の発生率の約1/50になっています(IATA報告書による)。
この航空事故の発生率をさらに改善するためには、確固とした安全文化を組織に確立することが重要であると考えられています。

技術の進歩
航空機を安全に運航するためのさまざまな技術の進歩により、運航の安全性は常に向上しています。
訓練による技能向上
近年では、技術的な能力だけではなく、コミュニケーション能力などのノンテクニカルスキルも向上させることが、訓練の重要な要素となっています。
ヒューマンファクター研究
人間の能力や特性に着目し、日常運航を客観的かつ科学的に分析。ヒューマンエラーを低減させるための手法やシステムは、日々進化しています。
組織の時代
防護の行き届いた現代のシステムでは、防護壁を脆弱にする組織的な要因への対応に焦点が当てられており、組織の安全文化の要素が特に重要視されています。
ページの先頭へ移動