Safety 突然の揺れに備えて

シートベルトは常に着用をお願いします

離着陸時

シートベルトは、腰の低い位置でしっかりとお締めください。緊急時の衝撃から身を守るため、緩みがないかご確認ください。

航行中

シートベルト着用サインがついていなくても、突然の揺れに備えて常にシートベルトをお締めください。また、毛布をお使いのお客さまは、毛布の上からお締めください。

着陸後

飛行機は、一旦停止しても再び動き出すことがあります。シートベルト着用サインが消えるまで着席のままお待ちください。

離席中に突然の揺れに遭遇した際は体を支えてください

飛行中、あらかじめ予測できず、ベルトサインを点灯する間もなく、突然の揺れに遭遇することがあります。
この場合、転倒や体の浮き上がりを防止するため、直ちに体を支える必要があります。
まずは、近くの空いている座席に着席し、シートベルトを締めてください。
近くに空いている座席がない時は、姿勢を低くし、周囲の固定物につかまることが有効です。
通路では座席のひじ掛け、化粧室周り、また化粧室内ではハンドルなどにおつかまりください。

通路では

しゃがんで低い姿勢を保ち、近くの座席やひじ掛けにおつかまりください。 ひじ掛けをつかむ場合は、下から抱え込むと体が浮き上がることを防止できます。

化粧室周りでは

化粧室周りに設置されているハンドルなどにおつかまりください。

化粧室内では

低い姿勢を保ち、ハンドルにおつかまりください。