Safety 運航再開まで

787型機全7機に改良型バッテリーへの交換作業を始めとする再発防止対策(改修作業)を実施してまいりましたが、運航再開までに、過去に発生したその他の不具合への予防対策も実施いたしました。

さらに航空機が長期間地上に停留していたため、飛行前に地上でのシステムの詳細な動作確認を行い、その後、確認飛行を実施し上空での各システムの健全性確認を行いました。このほかに、運航乗務員の慣熟飛行を行いました。これらすべての準備作業が完了し、お客さまに安心してご利用いただけることが確認できましたので、6月1日から運航を再開させていただきました。

787型機の運航再開までのスケジュールは以下のとおりです。改修作業ならびに停留解除作業は、当社が保有する7機それぞれに実施いたしました。

確認飛行:運航停止期間が長期に及んだため、試験飛行室所属の運航乗務員が、1機ずつ、航空機システムの健全性を確認するフライト。慣熟飛行:運航乗務員の資格維持、または再付与のために実施するフライト。今回は、査察運航乗務員、飛行教官等から順次実施し、運航再開に備えます。