About JAL’s History

JAL’s History

1981−1990
みなさまとともに歩んできたJALの創立からの歴史を年表形式で振り返ります。
  • 1981年1月16日
    米国エア・トランスポート・ワールド誌の「エアライン・オブ・ザ・イヤー 1980」最優秀航空会社賞を受賞。
    2月1日
    ニューヨーク線にスカイリクライナー導入。
    2月27日
    皇太子殿下(今上天皇)ご夫妻のサウジアラビア・スリランカ・タイ・シンガポールご訪問のため、特別便運航。 〜03.07
    3月23日
    札幌=東京(成田)=ホノルル線開設(DC-8-62型機)。
    4月1日
    大阪=東京(成田)=ロサンゼルス線開設(B747型機)。
    6月6日
    福岡=東京(成田)=ホノルル線開設(DC-8-61型機/B747型機)。
    7月15日
    日本アジア航空、東京(成田)=台北=高雄線開設。
    12月28日
    ジェッダ(サウジアラビア)への第1便、新東京国際空港(成田)を出発。
    1982年1月21日
    「エアライン・オブ・ザ・イヤー」航空貨物部門賞受賞。
    2月9日
    350便羽田沖事故
    6月21日
    科学万博−つくば '85 のオフィシャル・エアラインに指定される。
    9月2日
    「JALカード」発行。
    11月9日
    北京動物園からパンダ(フェイフェイ)を輸送(北京−東京(成田))。
    1983年1月26日
    日本航空および関連グループ、東京ディズニーランドのスポンサーに。
    2月1日
    国際線B747型機にスーパー・エグゼクティブJクラス導入。
    4月1日
    シアトル・シカゴ線(東京(成田)=シアトル=シカゴ)運航開始(B747-LR型機)。
    11月14日
    新JALエグゼクティブクラスのサービス開始。
    11月30日
    B747-300型(B747-SUD)1号機、東京(成田)に到着。12.15 太平洋線に就航。
    12月24日
    DC-8型機、国内線より退役。
    1984年2月25日
    皇太子殿下(今上天皇)ご夫妻のヨーロッパ・アフリカご訪問のため、特別便運航。
    6月18日
    IATA(国際航空運送協会)が発表した1983年輸送実績で、 国際線定期輸送実績世界第1位となる。
    12月22日
    「アフリカへ毛布を送る会」に寄せられた毛布をエチオピアへ輸送
    1985年1月10日
    札幌=沖縄(那覇)線「オーロラ」「ブルーアイランダー」運航開始(DC-10型機)。
    2月23日
    皇太子殿下(今上天皇)ご夫妻の欧州ご訪問のため、特別便運航(DC-10型機)。 〜03.09
    6月3日
    デュッセルドルフ線運航開始(B747-LR型機)。
    6月22日
    東京(成田)=ニューヨーク直行便に「ビジネス専用型ジャンボ」投入。006便にて初便就航。
    8月12日
    JA8119 123便事故
    8月17日
    11月より導入予定のB767(JA8232)、シアトルのボーイング社より羽田に到着
    11月1日
    B767型機、国内線(東京(羽田)=福岡)に就航。12.02 国際線(東京(成田)=ソウル)にも就航。
    1986年3月1日
    国内線B747-SR型およびB747-LR型機に、JALスーパーシートを導入。
    4月2日
    カンタス航空との共同運航便就航。東京(成田)=パース・東京(成田)=ケアンズ=ブリスベンの2路線で、各々週1往復。
    4月4日
    名古屋=ホノルル線開設。
    国内線(東京(羽田)=福岡・東京(羽田)=札幌)に、B747-SR-SUD型機導入(座席数563席)。
    4月5日
    東京(成田)=パリ線に、世界初のシベリア上空通過ルートによる欧州直行便就航。04.07 東京(成田)=ロンドン線にも就航。
    4月xx日
    大阪=グアム線、サイパン寄港開始。
    7月2日
    アトランタ線(東京(成田)=シアトル=アトランタ)開設。週2便、シアトルは技術着陸地点。
    7月20日
    東京(羽田)=鹿児島線開設(国内線では会社設立以来35年ぶりの新路線、B747-SR-SUD型機)。
    9月24日
    DC-8型貨物機、定期便より退役。
    10月1日
    東京(羽田)=小松(金沢)線開設。
    10月20日
    名古屋=福岡線開設(B767-300型機)。
    1987年4月25日
    名古屋=札幌線開設(B767型機)。
    7月1日
    日本アジア航空、女性客室乗務員の新制服着用開始。
    11月18日
    完全民営化。(日航法廃止法施行で完全民間会社へ移行 [現JAL's-Historyより] )
    12月29日
    B727型機、グアム−熊本間のチャーター飛行を最後に退役。
    12月31日
    DC-8型機、プサン発東京(成田)行958便を最後に退役(27年間運航)。
    1988年1月1日
    女性客室乗務員・地上職女性社員の新制服着用開始(1987.11.18 発表、客室乗務員:デザイン本井重信/紺のミリタリー調スーツ)。
    1月14日
    外国人スチュワーデス113名の採用発表(イギリス人70名、西独22名、シンガポール21名)
    3月25日
    「夢募集」企画を発表
    4月3日
    名古屋=シンガポール線運航開始。
    7月23日
    東京(羽田)=松山線開設(B767-300型機)。
    10月31日
    タイ国際航空と、名古屋=バンコク線の共同運航開始。
    1989年5月3日
    カナディアン航空との共同運航で、東京(成田)=トロント線運航開始(DC-10-30ER型機)。
    5月17日
    新デザイン・システム発表(新ロゴ)。05.29 新機体デザイン塗装の1号機を東京国際空港(羽田)で披露。
    7月1日
    カンタス航空との共同運航で、アデレード・メルボルン線(東京(成田)−アデレード−メルボルン−東京(成田))運航開始。
    7月11日
    日本アジア航空、名古屋=台北線開設(季節的不定期便)。
    7月22日
    第2次羽田空港発着枠拡大にともない、東京(羽田)=函館線開設(B767型機)。
    11月3日
    名古屋発のグアム・サイパン線(名古屋=グアム、名古屋=サイパン=グアム)開設(DC-10型機)。
    1990年1月16日
    国内線新機内サービス「QUIET CABINサービス」開始。
    2月14日
    B747-400型機の初号機(JA8071)成田に到着
    3月29日
    B747-400型機の愛称を「スカイクルーザー」に決定。
    4月1日
    B747-400型機、東京(成田)=ソウル線・東京(羽田)=福岡線・東京(羽田)=沖縄(那覇)線に初就航。
    7月21日
    東京(羽田)=広島線開設(B767型機)。
    9月19日
    イラクのクウェート侵攻にともなう避難民移送のため、国際移住機構(IOM)の要請を受け救援機(B747型機)を運航。
    11月16日
    名古屋=沖縄(那覇)線開設(B767-300型機)。