About JAL’s History

JAL’s History

2011−2016
みなさまとともに歩んできたJALの創立からの歴史を年表形式で振り返ります。
  • 2011年1月26日
    米国Conducive Technology社により定時到着率で「2年連続世界第1位に認定。
     3月1日
    「ジャンボ」「スカイクルーザー」「ダッシュ400」などの愛称を持つボーイング747-400型機が退役。在来型機から通算して41年。
     3月28日
    2010年1月19日以降進められてきた会社更生手続を終結。新役員体制を発表。
     4月1日
    JALグループ、新ロゴマーク「鶴丸」で正式始動。
    2010年11月30日に認可された更生計画に記載された定款変更により、「株式会社日本航空インターナショナル」の商号が「日本航空株式会社」に変更。
    アメリカン航空との共同事業を開始。
     4月27日
    バンクーバー空港公団において開催されたChief Pilots MeetingのWidebody部門にてもっとも静かな航空会社に贈られるFly Quiet Awardsを受賞。
     9月1日
    全路線・全クラスで新サービス「JAL CAFE LINES」のサービスを開始。
     9月30日
    特別塗装機「JALエコジェット・ネイチャー」が新たに就航。
     10月3日
    旅客サービス3商品「竹製車椅子」・「JALスカイリクライナー」・「JAL国際線パリ線プレミアムエコノミー、エコノミークラスミール(機内食)」で「グッドデザイン賞」を受賞。
     10月21日
    CAPA主催の2011年「エアライン オブ ザ イヤー」を受賞。
     11月1日
    映画「怪物くん」とのコラボ企画、特別塗装機「怪物くんJET」就航(〜2012年2月上旬)ボーイング(777-200型機)
     12月7日
    「第5回企業ウェブ・グランプリ」の贈賞式にて、ソーシャルネットワーク部門にてJAL公式Facebookページがグランプリを受賞。
    2012年1月13日
    子宮頸がん予防啓発プロジェクト「Hellosmile」特別塗装機「Hellosmile JET」就航。(就航期間〜12月)
    JALのネットワーク、米国Conductive Technology社により、定時到着率で「キャリア別ネットワーク部門世界第1位」に認定、日本エアコミューターも「アジアリージョナル部門第1位」に認定。
     2月22日
    「JAL×Samantha Thavasaジェット」が国内線・国際線で就航。(国内線は2月22日〜、国際線は2月27日〜)
     3月25日
    「やさしいJAL」の一環として、手話のできる客室乗務員が“手話バッジ”着用、指さしでコミュニケーションがとれる“案内ボード”を国内全空港で使用開始。
     4月22日
    ボーイング787-800型機が東京=ボストン線に就航。
     5月1日
    機体に東京スカイツリーのロゴを描いた「JAL×東京スカイツリージェット」が国内線に就航。(ボーイング777-200型機 JA8978)
     5月27日
    ロンドンオリンピック日本代表選手を応援する、「がんばれ!ニッポン」特別塗装機(JA772J:ボーイング777-200型機)が国内線に就航。 (〜9月上旬)
     7月15日
    国際線機内インターネット接続サービス 「JAL SKY Wi-Fi」開始。ニューヨーク線を皮切りに順次サービスを展開。
     7月25日
    「航空機による大気観測プロジェクト CONTRAIL」の特別塗装機の運航を開始。
     9月19日
    東京証券取引所市場第一部に再上場。破たんから2年8カ月での株式上場。
     10月14日
    特別デカール機「JAL×ジブリ」が国際線に就航(ボーイング787型機:JA828J)
     10月23日
    特別デカール機「JAL嵐JET」第3弾が国内線に就航。(ボーイング777-200型機)
     11月21日
    2020東京招致特別塗装機が国内線に就航。(ボーイング777-200型機 JA8978)
     12月2日
    成田=サンディエゴ線を開設。
     12月12日
    特別塗装機「JALドラえもんジェット」が国内線に就航。(ボーイング767-300型機 JA656J)
    2013年1月9日
    国際線ボーイング777-300ER型機の全クラスに新座席を導入。
     2月19日
    米国FlightStats社より、定時到着率で「メジャーインターナショナル部門世界第1位」、「アジアメジャー部門第1位」に認定、J-AIRも「アジアリージョナル部門第1位」に認定される。
     3月29日
    特別塗装機「JALハピネスエクスプレス」1号機が国内線に就航。
     3月31日
    羽田=名古屋(中部)線開設。
    伊丹から3路線(松山・三沢・函館)開設。
     4月15日
    「SKY SUITE 777」にて機内エンターテイメントシステムを活用し、機内食・機内販売オーダーできるサービスを成田=ロンドン線より順次開始。
     6月12日
    大気観測プロジェクト「CONTRAIL」が、優秀賞・環境大臣賞を受賞。
     6月18日
    JALスカイスイートが、SKYTRAX社が運営する2013年「ワールド・エアライン・アワード」にて、全世界の航空会社のビジネスクラスシートの中で最も優れている「ベスト・ビジネスクラス・エアラインシート」賞を受賞。
     7月1日
    成田=ヘルシンンキ線の運航を開始。(ボーイング787-8型機)
     9月19日
    PPS Publications社が運営するFuture Travel Experienceの「FTE・グローバル2013」にて、お客さまにスマートフォンを活用した最も優れたサービスを提供している航空会社に授与される「ベスト・ユース・オブ・モバイル・テクノロジー」を受賞。
     10月1日
    ボーイング777‐300ER型機「SKY SUITE 777」と、その機材に設置されている新エコノミークラス座席「SKY WIDER」がグッドデザイン賞を受賞。
     10月3日
    JALのサンフランシスコ線が、環境負荷を軽減する運航方式を導入している路線として日本で初めて認定される。
     10月31日
    「ソチオリンピック・パラリンピック がんばれ!ニッポン!」特別塗装機が国内線に就航。(ボーイング777-200型機 JA8978)
     12月9日
    ボーイング767-300ER型機「SKY SUITE 767」が成田=バンクーバー線に就航。
     12月20日
    東北応援プロジェクト「行こう!東北へ特別塗装機」が就航。
     12月26日
    「ソチオリンピック・パラリンピック がんばれ!ニッポン!」特別塗装機2号機(浅田真央選手特別塗装機)が国内線に就航。
    2014年2月14日
    AEON×JAL共同プロジェクト 特別塗装機「WAONジェット」が国内線に就航。(ボーイング767-300型機 JA8364)
    JALが定時到着率で2年連続世界第1位を受賞。JALグループ全体もNetwork部門で世界第1位を受賞。
     2月26日
    「SAMURAI BLUE 応援ジェット」が国内線に就航。(ボーイング777-200型機 JA8985)
     4月1日
    JAL、ブリティッシュ・エアウェイズ、フィンエアーが、日本=欧州路線の共同事業を開始。
     4月5日
    「SAMURAI BLUE 応援ジェット 2号機」が国際線に就航(ボーイング777-300型機 JA740J))。
     5月28日
    世界最大の旅行口コミサイト「トリップアドバイザー」の「トラベラーズチョイス」のエアライン部門にてJALが第1位を獲得。
    新仕様機材「JAL SKY NEXT」が羽田=福岡線に初登場。以降、国内線に順次導入。(ボーイング777-200型機)
     7月23日
    国内線インターネットサービス「JAL SKY Wi-Fi」サービスを開始。
     10月1日
    JALと株式会社ジャルエクスプレス(JEX)が合併。
    「JAL SKY NEXT」がグッドデザイン賞 ベスト100に選ばれる。「羽田空港 国際線サクララウンジ」と、JAL SKY NEXTが設置されている「新国内線普通席」が、グッドデザイン賞を受賞。
     10月10日
    乳がん知識啓発キャンペーン「ピンクリボン」特別塗装機が就航。(ボーイング777-200型機 JA8983)
     10月23日
    北海道エアシステム(HAC)がJALグループに加わる。
     12月1日
    「SKY SUITE 787」が成田=フランクフルト線に就航。
     12月8日
    「国内線ファーストクラス」をボーイング767型機に導入。
    2015年1月20日
    JR東日本グループとの共同キャンペーンによる、特別塗装機「Suicaのペンギンジェット」が就航(ボーイング767型機)。
     1月27日
    米国のFlightStats社のアジア・パシフィック主要航空会社部門で定時到着率第1位を獲得。
     1月28日
    子ども向け環境啓発プログラム「そらエコ教室」が初めてさっぽろ環境賞奨励賞を受賞。
    MRJ32機の購入について正式契約を締結。初号引き渡しは2021年を予定。
     3月18日
    「女性活躍推進」に優れた企業を年に一度、選定・発表する、ダイバーシティ経営企業「なでしこ銘柄」に初選出される。
     3月25日
    初代「健康経営銘柄」に選定される。
     4月9日
    航空機による大気観測プロジェクト(CONTRAIL)が、第24回地球環境大賞・特別賞を受賞。
     6月16日
    SKYTRAX 2015年ワールド・エアライン・アワードで「ベスト・エコノミークラス・エアラインシート」賞を初受賞。
     6月27日
    「FLY JAL to 2020特別塗装機」が国内線に就航。(ボーイング777-300型機 JA751J)
     7月14日
    特別塗装機「JALハッピージャーニーエクスプレス」が国内線に就航(ボーイング737-800型機)。
     9月29日
    国際線エコノミークラスシート「SKY WIDER2」が2015年度「グッドデザイン賞」を受賞。
     10月22日
    ispaceが運営する日本初の民間月面探査チーム「HAKUTO」とのコーポレートパートナー契約を締結。
     10月25日
    羽田=広州、羽田=上海(浦東)線開設。
     11月4日
    JCSI調査の国際航空2部門でJALが第1位。「ロイヤルティー(再利用意向)」で3年連続、「顧客満足度」でも初めて第1位を獲得。
     11月10日
    機内誌SKYWORDが「第1回ブランドUSAメディア・アワード」優秀賞を受賞。
     11月30日
    成田=ダラス線を開設。
    2016年1月7日
    米国のFlightStats社の主要航空会社部門で世界1位、アジア・パシフィック主要航空会社部門でも1位に認定。
     2月2日
    日本テニス協会日本代表チームと公式スポンサー契約を締結。デビスカップとフェドカップの日本代表チームのスポンサーに決定。
     3月4日
    羽田=ロンドン線に特別塗装機「JET-KEI」が就航。(ボーイング777-300ER JA733J)
     6月9日
    経済産業省と東京証券取引所が共同でIT活用に戦略的に取り組む企業を選出する事業として、JALが航空会社初の「攻めのIT経営銘柄2016」に選出される。
     6月18日
    「SKY SUITE 777」の国際線仕様777-200ER型初号機が羽田=バンコク線に就航。
     9月22日
    特別塗装機「JAL ドラえもんJET」が成田=上海(浦東)線に就航。(ボーイング767-300型機 JA610J)
    「ジャパンツーリズム・アワード」にて、31年間にわたる「JALホノルルマラソン」の取り組みに対して「海外領域優秀賞」を受賞。
     9月29日
    国際線新客室仕様「SKY SUITE 777」のボーイング777-200ER型機が2016 年度「グッドデザイン賞」を受賞。
     10月14日
    ANAと共通デザインの「東京2020大会」特別塗装機が就航。
     11月8日
    「2016年JCS調査」の国際航空部門「ロイヤルティ(再利用意向)」「他者推奨意向」にて第1位、旅行部門「顧客満足度」では、ジャルパックが2年連続の第1位を獲得。
     12月9日
    JAL工場見学「SKY MUSEUM」が世界最大の旅行サイト トリップアドバイザー社の「行ってよかった!無料観光スポットランキング2016」にて1位を受賞。
     12月14日
    九州応援プロジェクトの一環として、特別塗装機「行こう!九州へ」JET国内線に就航。(ボーイング767-300型機)
     12月30日
    特別塗装機「JAL ドラえもんJET」が国内線に就航。(ボーイング767-300型)