About ユニバーサルデザインに関する
JALの取り組み

文字サイズを変更
小
中
大

ユニバーサルデザインに関するJALの取り組み

ユニバーサルデザインに関するJALの取り組み
社内教育制度
お客さまとの共同開発
イベントならびに取り組み
JAL ユニバーサルデザインのあゆみ

社内教育制度

JALのユニバーサルデザインは、社員一人ひとりのこころと行動から生まれます。多様な体感学習に、横断的な部署のスタッフが参加し、社内にユニバーサルデザインの発想が浸透していきます。
社員研修

社員研修

 

社員教育の実施

心理的側面から設備面の考察まで、さまざまな障がいの疑似体験を含む研修を行っています。

香港での研修風景

香港での研修風景

ユニバーサルデザインインストラクター養成講座

ユニバーサルデザイン
インストラクター養成講座

 

空港探検隊

国内の主な空港から、台湾、シンガポール、香港など、世界各地でユニバーサルデザイン探検隊を実施しています。障がいをお持ちの方にご協力いただき、実践的な学びが得られました。
新しい視点でのサービスのあり方を見つめなおし、お客さまの行動を洞察する大切さを体感しました。

空港における足元の段差を体感

空港における足元の段差を体感

 

教材の整備

JAL独自の開発によるユニバーサルデザインの10原則や、実践に役立つシートなどを盛り込んだオリジナルの社内教育テキストで、社員のユニバーサルデザインの深化を目指しています。

JALユニバーサルデザインガイドブック

JALユニバーサルデザインガイドブック

 

サービス介助士資格取得制度

多くの社員が自発的に「サービス介助士」資格を取得しています。

JALが就航しているすべての国内空港(42空港)に有資格者326名(*1)を配置しました。(*1) 2010年10月1日現在

サービス介助士について詳しくはこちら

サービス介助士バッジ

サービス介助士バッジ

 

客室乗務員による手話技能取得

客室でのサービス向上を目指し、以前から社内の有志により学ばれていた手話が、1995年から正式な社内講座となりました。

全ての社員インストラクターは、手話技能検定3級以上を取得しています。
※空港・機内では筆談ボードもご用意しております。

2009年9月のデフリンピック台湾大会開催時には、日本選手団のご渡航に際し出発式 での手話通訳を行ったほか、大会期間中は選手の皆さんがご利用になる全ての便に手話を使える客室乗務員が搭乗するなどの協力を行いました。

手話を学ぶ客室乗務員

手話を学ぶ客室乗務員

手話技能検定 資格バッジ

手話技能検定
資格バッジ

 

 

JAL手話対応マーク

「I LOVE YOU」「飛行機」
「J・A・L」の意味が込められたJAL手話対応マーク

 

お客さまとの共同開発

ご利用いただくすべてのお客さまが安心して快適な旅をお楽しみいただける商品とサービスをご提供する「やさしいJAL」の取り組みとして、聴こえの不自由な高校生(現在、大学1年生)の改善提案をきっかけに共同開発に取り組み実現しました。JALグループは、今後も「やさしいJAL」の商品・サービスの展開に努めてまいります。

プレスリリース

客室乗務員の手話バッチ

「スタッフに手話のできる目印をつけてほしい」というご要望をもとに、2012年3月25日より手話のできる客室乗務員は、国内線・国際線乗務時に手話バッチを着用します。
手話バッチは手話と手話勉強中の2種類があります。
「I LOVE YOU」、「飛行機」、「J・A・L」を手話の指の形で表現したデザインです。

手話バッチ

手話バッジ

 

コミュニケーションボード(国内線用)

「空港でストレスの無いスムーズな手続きを希望します。例えばカウンターでの手続きの簡略化や保安検査場での時間短縮、イレギュラー発生時の迅速な情報提供をお願いします。」というご要望をもとに、指さしでコミュニケーションができる案内ボード(=コミュニケーションボード)をお客さまとともに開発しました。カウンター編、保安検査場編に分かれ、他言語(日・英・中・韓)と絵文字(ピクトグラム)に対応しています。

ご搭乗手続きに関してはこちら(PDF:1.8MB)

保安検査場に関してはこちら(PDF:1.4MB)

コミュニケーションボード(国内線用)

コミュニケーションボード(国内線用)

 

お飲み物メニューカード

「機内で飲み物がわかるようなメニューがあると嬉しい」というお声に加えて、ご希望のものをすぐにお選びいただけるよう、写真付きメニューカードを2012年の1月から導入しています。窓側にお座りのお客さまや、隣でお休みの方に配慮されるお客さまにとって、乗務員の声が届きにくいなど、いままでご不便があったと思われます。外国人のお客さまにもわかりやすい英語表記もご用意しています。

お飲み物メニューカード

お飲み物メニューカード

 

イベントならびに取り組み

私たちがめざす「みんなにやさしいJAL」を推進していくために、各種イベントや取り組みにも参加、協賛をおこなっております。

だんだんボックス&JAL コラボ 2010年12月

「だんだんボックス」とは、知的障がいをお持ちであるアーティストのイラスト作品を起用した輸送用段ボール箱です。 障がいをお持ちの方の自立支援の一環として、だんだんボックス事務局の活動を広くアピールするお手伝いをいたしました。

だんだんボックス&JAL コラボ 2010年12月

 

2010台湾デザイン博覧会 (2010Taiwan Design Expo)出展 2010年12月

台湾における国家的なデザインイベントであり、JALは2008年から継続的に出展しています。 2010年は、12月11日(土)からの9日間にわたり台北市の台湾デザインセンターにて開催され、
20万人以上が来場しました。JALは「日本のおもてなし」に基く心からのUDを紹介しました。

2010台湾デザイン博覧会 (2010Taiwan Design Expo)出展 2010年12月

 

映画「うまれる」企業サポータ参加 2010年11月

赤ちゃんとママにもやさしい旅をご提供し続けるエアラインとして、いのちの大切さを訴える映画「うまれる」に共感し、広くメッセージを届けるお手伝いをいたしました。赤ちゃん同伴歓迎のママさん上映会では、機内用ベビーガイドとママにもやさしいハーブのカモミールの種をプレゼントしました。

映画「うまれる」企業サポータ参加 2010年11月

 

ヨコハマ・ヒューマン&テクノランド2010出展 2010年7月

お身体に障がいやご病気をお持ちの方が将来の自立や積極的な社会参加の可能性を見出せる場を提供することをコンセプトとしたイベントです。
7月30日(金)、31(土)にパシフィコ横浜で開催され、JALは「旅リハ!旅行に出かけて元気になろう!」ブースに出展いたしました。

ヨコハマ・ヒューマン&テクノランド2010出展 2010年7月

 

オヤノコトエキスポ2010出展 2010年7月

ご高齢の両親をお持ちの方を対象として、これからもこれまでと変わらない生活が送れるように、ご両親に変わって必要な情報を集められる場を提供することをコンセプトとしたイベントです。
7月17日(土)、18(日)に東京国際フォーラムで開催され、「おでかけ」のゾーンに出展いたしました。

オヤノコトエキスポ2010出展 2010年7月

 

東京大学JAL共同研究プログラム『やさしさが進化する空港』実施 2009年8月〜2010年4月

より革新的なユニバーサルデザイン開発の試みとして、東京大学大学院工学系研究科の皆さんと産学協同プログラムを実施しました。ユーザーの視点から、空港のソファ、手荷物カート、ご搭乗を円滑にするシステムなど斬新な提案がなされ、今後の開発における大きなヒントとなりました。

JAL機内誌「スカイワード」2009年8月号 記事(1.2MB)

東京大学JAL共同研究プログラム『やさしさが進化する空港』実施 2009年8月〜2010年4月

 

JAL ユニバーサルデザインのあゆみ バリアフリーからユニバーサルデザインへ

お客さまの思いにかなう、より良いサービスのご提供のため、JALが取り組んできたユニバーサルデザインのあゆみをご紹介いたします。

ここでは

〔バリアフリー〕は、障がいのある方に特化した課題解決の発想
〔ユニバーサルデザイン〕は、すべての方が使いやすいよう、不都合が発生する前から予防的に設計された解決の発想
ととらえています。

 

1992年
JAL「サービス委員会」の設置
「国連国際障害者の10 年」(1983-1992)を契機に、それまで個別に進められていた「すべての方にやさしい旅」への取り組みを全社的なものとしてスタートしました。

 

1994年
プライオリティ・ゲストセンター開設 詳しくはこちら
お身体の不自由なお客さま、病気やけがをなさったお客さまを、さまざまなお手伝いとともに優先的にお迎えするという意味から「プライオリティ・ゲスト」とお呼びし、専門の窓口 「プライオリティ・ゲストセンター」を開設いたしました。

国内初の心臓移植搬送実施 詳しくはこちら

 

1995年
障がい者の雇用促進(JALサンライト設立) 詳しくはこちら
「障がい者の雇用の促進等に関する法律」に基づき、総務サービス業務を中心とした特例
子会社「JALサンライト」を設立。
以前から進めていた障がい者雇用に関し、より一層の推進が図られました。現在、JALの障がい者雇用率は2.01%を達成しており(法定雇用率は1.8%)、今後もさらなる環境の整備に努めていきます。
※2009年6月1日現在(日本航空、日本航空インターナショナル、JALサンライトの合算)


客室本部主催による手話講座 正式スタート 詳しくはこちら

 

2001年
ピーナッツフリーフライト開始 詳しくはこちら

 

2003年
「スマイルサポート」を開設詳しくはこちら
従来から提供していた国内線サポートサービスを「スマイルサポート」として一元化いたしました。
妊娠中のお客さま、お子さま、ご高齢の方などさまざまな方へ、旅のお手伝いをご提供しています。

 

2005年
障がい者スポーツとの本格的なパートナーシップの開始
(財)日本障害者スポーツ協会、日本パラリンピック委員会とのオフィシャルパートナー契約締結により、それまで個別の取り組みだった障がい者スポーツへの支援を、本格的に確立しました。
06年トリノ冬季パラリンピック、および08年北京パラリンピックなど、継続的に協力をしています。

 

2006年
ユニバーサルデザインを経営の基本指針に制定
ユニバーサルデザインの考え方を、企業活動の根幹におくことを宣言、経営の基本指針に定めました。
「みんなにやさしいJAL」の発想は、商品、サービス、設備設計など全ての活動の基本となっています。

 

2008年
くるみんマーク 次世代育成支援認定「くるみんマーク」取得
厚生労働省が推進する次世代育成支援対策推進法に基づき、子育て支援企業として「くるみんマーク」の認定を受けました。

 

2009年
第21回夏期デフリンピック(台湾:台北市)日本選手団への協力
詳しくはこちら
国際ろう者スポーツ委員会による、国際的なスポーツの祭典が「デフリンピック」です。日本選手団の開催国ご渡航に際し、手話を使える客室乗務員によるご案内、出発式の手話通訳などの協力を行いました。

 

2010年
JAL ユニバーサルデザイン ホームページ開設
これまでのJALの幅広い取組を皆さまにご紹介し、今後もさらに推進していくことを目的に開設いたしました。