Safety 安全統括管理者メッセージ

安全・安心をお届けするために

日本航空株式会社 取締役常務執行役員
権藤 信武喜
(安全統括管理者)

日頃より、JALグループの翼をご利用いただき、誠にありがとうございます。
この企業情報「安全への取り組み」では、毎日の安全を支える運航乗務員客室乗務員整備士運航管理者などの業務、安全啓発センター、安全アドバイザリーグループなど、JALグループの安全管理や、「安全文化」を醸成するための取り組みなどについて、ご紹介しています。
安全は、JALグループ存立の大前提です。いかなる状況においても、お客さまに安全・安心な空の旅をお届けします。そのために、JALグループでは、運航に直接携わるスタッフだけではなく、事業運営に携わる全てのスタッフが、安全のプロフェッショナルとして、些かの妥協も許さない高い意識を持って業務にあたり、「安全の層」を厚く積み重ねています。
私どもは、過去の事故の教訓を確実に継承して「安全文化」の醸成に努めてきました。今後も、事故の経験を風化させることがないよう、安全啓発センターを「安全の礎」として、社員自らが安全に対する自覚と責任を再認識する場として活用していきます。さらに、社外有識者で構成されている安全アドバイザリーグループからの提言を基に様々な取り組みを継続して、「安全文化」をより一層発展させていきます。
これからも、輸送分野における安全のリーディング・カンパニーとして、日々一便一便の安全を着実に実現していきます。