このページの本文へ移動

2013年1月17日、国土交通省航空局、および米国運輸省連邦航空局は、リチウムイオン・バッテリーの不具合により、航空機の重要なシステムや機体構造の損傷や電気室の火災を防止するため、航空当局が認めた改修を実施しない限り、787型機は飛行してはならないという、法的拘束力を有する指示である耐空性改善通報・命令を発行しました。

また、当社事例については、発生国である米国の国家運輸安全委員会が、また国内他社事例については、日本の国土交通省運輸安全委員会が、それぞれ協力しつつ、原因調査にあたっております。

ページの先頭へ移動