CSR 整備作業での取り組み

水のリサイクル

メッキ処理作業

メッキ処理作業

飛行機の整備作業では機体そのものや修理部品の洗浄、部品にメッキを施す作業などで、大量の水を利用し汚れた水になります。

JALではこれらを自社の処理施設に集め、有害物質を取り除いて処理するなどして、可能なものは適切な作業でリサイクルし、貴重な水資源を有効に使う努力を続けています。

水処理施設 外観

水処理施設 外観

水処理施設 内部

水処理施設 内部

エンジン洗浄

エンジン洗浄作業

エンジン洗浄作業

飛行機のエンジンは、飛行により内部に空気中の細かなちりなどが蓄積され汚れてきます。
この汚れは、飛行中に空気を取り込み圧縮し燃焼させるエンジンの燃費性能を低下させ、結果として余分な二酸化炭素(CO2)の排出につながります。
そこでJALではエンジン内部を定期的に洗浄することで、これらの飛行中に付着してしまった汚れを洗い落としています。これにより、汚れのために低下していたエンジン性能は回復し、およそ1%の燃費回復につながります。
このようなエンジン洗浄はボーイング777型機(PW4000型エンジン)、767型機(CF6型エンジン)、737-800型機(CFM56型エンジン)に対して概ね200〜300日間隔で実施されており、これによるCO2削減量は、年間約14,000トン(2012年度換算)に達します。