CSR 役員構成・ダイバーシティ

役員構成

DATE 2015.06.30

意思決定の迅速化を図る観点から、当社は執行役員制度を採用しており、取締役9名(内女性2名)、取締役兼務者を除く執行役員25名(内女性2名)の体制となっています。
また、取締役9名の内、2名を社外取締役としており、社外取締役は、その多様性確保に留意し、実業界あるいは法曹界等における豊富な経験と高い見識を有する者から選任するとともに、その独立性確保に留意し、東京証券取引所の独立役員の基準を上回る実質的な独立性を確保し、取締役会の適切な意思決定、経営監督の実現を図っています。

  総数(人) 内数(人)
    社外役員 独立役員 女性
取締役 9 2 2 2
監査役 5 3 3 0
執行役員 25 0 0 2

ダイバーシティ

JALグループでは、多様な人財の活躍を推進するなかで、女性がこれまで以上に活躍できる会社であることがJALグループの発展には必要不可欠であり、また女性の視点を積極的に事業運営に取り込むことが、新たな企業価値を生み出すことに繋がると考えています。経営の強い意志として、女性をはじめとする多様な人財の活躍推進を経営目標に掲げ、女性社員のより高度な人財育成などのさまざまな施策に取り組んでいます。なお、2015年6月末日現在の日本航空役員に占める女性比率は、取締役専務執行役員1名、社外取締役1名、執行役員2名の10%となっています。
また、社外取締役は、その多様性確保に留意し、様々な分野に関する豊富な経験と高い見識や専門知識を有する者から選任しています。