CSR JALグループ基本教育・研修体系

JALグループは、「2012〜2016年度中期経営計画」のなかで「人財育成」を重要な取り組み課題のひとつとして掲げ、リーダー人財、安全・サービスのプロフェッショナル人財の育成に主眼を置き、2012年度よりJALグループ共通の基本教育・研修体系を策定し、この体系に基づき教育・研修に取り組んでいます。従来からある階層別研修に加え、ビジネス・マネジメントスキル向上を目的とした経営力向上研修や公募型のチャレンジ研修など、組織横断的に実施するプログラムを拡充しています。また、多様な人財のさらなる活躍を推進する観点から、海外地区における現地雇用社員の育成・登用に引き続き取り組むとともに、女性の活躍推進に資する教育を企画・実施しています。
これからも2012年4月に設立した「JAL教育センター」の機能を活用しながら、全社的なプログラム管理等、実施効果を最大にするための課題に取り組んでいきます。

TOPICS:ランスタッドアワード2015 エンプロイヤーブランド・企業

魅力度調査「教育訓練が充実している」指標別1位を受賞

人財職業紹介における世界大手のランスタッド社が実施する「ランスタッドアワード2015エンプロイヤーブランド・企業魅力度調査」において「教育訓練が充実している」指標別1位を受賞しました。JALフィロソフィという全社員が持つべき意識、価値観、考え方を柱に据えて、すべての教育を実施している点が評価されました。今後もより一層、教育・訓練を充実させていきます。