CSR MISIA×COP10×JAL

BIODIVERSITYJAL×MISIA 生物多様性を守り、持続可能な社会へ

いま、気候変動と並んで、世界的な問題とされる生物多様性の減少。
この減少を食い止め、持続可能な未来をつくるため、2010年10月に愛知県名古屋市で国際会議COP10が開催され、各国が協調して生物多様性保全に向けて取り組むことが合意されました。

JALは、生物多様性の重要性を皆さまにお伝えすべく、COP10エコジェット就航を皮切りに、2011年からの『国連生物多様性の10年』の取り組みに協力することをお約束しました。
そして、日本のエアラインとして、改めて日本の自然を守る活動への協力表明や、2011年3月の震災を機に、東北復興支援のひとつとして、東北コットンプロジェクトへの参画など、自然とのつながりを意識した活動を展開。2011年9月には新しい特別塗装機JALエコジェット・ネイチャーを就航させ、生物多様性や自然とのつながりの重要性をお伝えする活動を推進しています。

そして、日本を代表するアーティストMISIAさん。
音楽活動の傍ら、2008年から取り組んでいる『Child AFRICA(チャイルドアフリカ)』や、「持続可能な地球規模の活動」を実施することを目的とした「一般財団法人mudef」の設立に関わるなど、全世界的な課題に精力的に取り組んでいます。その活動を認められ、2010年3月には国連本部よりCOP10名誉大使を任命されました。生物多様性を守り、未来に繋げていくことの重要性を、音楽やさまざまな活動を通じて伝えています。

私たちの暮らしの源となる生物多様性。
その大切さを知り、少し意識するだけでも、それは守られ、未来へ繋がっていきます。

MISIAさんとのコラボレーションを通じて、JALは生物多様性の重要性を一層多くの方々にお伝えしていきます。

MISIA × COP10 × JAL はこちら

JALエコジェット・ネイチャー運航中

詳しくはこちら

2011年9月30日に就航したエコデザイン塗装機JALエコジェット・ネイチャーには、「自然」をキーワードとしたさまざまなプロジェクトのロゴマークが機体に描かれており、これは、JALグループの「地球環境や自然との調和」への想いを形にしたものです。
2011年10月12日のお披露目式にはMISIAさんも登壇し、生物多様性への想いを語ってくださいました。

MISIAさんのWEBサイト「SATOYAMA BASKET」でもご紹介いただきました。

「FEEL BIODIVERSITY」ポスター掲出

JALグループは、生物多様性の大切さを伝える元COP10名誉大使MISIAさんの生物多様性啓発ポスターを2011年12月から半年間、 国内基幹空港に掲出し、JALグループ便をご利用下さるたくさんのお客さまに、生物多様性のメッセージをお伝えしてまいりました。
ポスターは、廃材で製作されたオブジェと、絶滅危惧種の生きものの名前が印刷された衣装を身にまとったMISIAさんが、『私たちは世界で一番生物多様性を大切にするヒトでありたい。』というメッセージを力強く伝えています。

MISIA楽曲「Smile」 (JAL機内オーディオ2011年12月〜2012年1月)

MISIAさんがカヴァーしたチャールズ・チャップリンの名曲「Smile」が、JAL機内オーディオ「Jポップ・トゥデイ」チャンネルにて取り上げられました。
この楽曲の終盤には、MISIAさん自ら東日本大震災の被災地の一つでもある仙台を訪れ、 現地の少年少女合唱団の子供たちと一緒に行なったコーラスが収録されています。
『つらいときこそほほ笑んでみようよ』というメッセージを、子供たちの可愛らしく元気な歌声とMISIAさんの優しく力強い歌声とともに機内でお楽しみいただきました。

MISIAスペシャルインタビュー (機内誌skyward2011年12月号掲載)

COP10名誉大使としての生物多様性や環境保全への想い、旅を通じて自分にとっての『リアル』を見つけること、MISIAさんの思う今を語っていただきました。
インタビュー拡大版はこちら

MISIA × 環境省 × JAL 生物多様性スペシャル映像 「Harmony with Nature 〜空のエコ・地球とともに〜」

MISIAさんの歌う、「故郷」の美しい調べにのせて、日本の美しい里山の風景のなかに、生物多様性の大切さが描き出されます。
そして、2011年9月30日に就航したJALエコジェット・ネイチャーや、農業から東北の復興を目指す「東北コットンプロジェクト」など、JALの参加する「自然」をキーワードとしたさまざまなプロジェクトをご紹介しています。
(国際線・国内線機内にて上映※一部、路線により放映はございませんのであらかじめご了承ください。)

「JALタンチョウ フォトコンテスト」特別審査員

日本の美しい自然を未来へ繋げていくため、JALがこの冬実施する「JALタンチョウフォトコンテスト」に、MISIAさんを特別審査員としてお招きします。
MISIA賞もご用意しています。
第2回 JALタンチョウフォトコンテスト(2013年度)ご案内はこちら
第1回 JALタンチョウフォトコンテスト(2011年度)結果はこちら

  • SATOYAMA BASKET
  • 国連生物多様性の10年 × MISIAプロジェクト
JAL Happy Eco Project トップへ