Safety グランドハンドリングスタッフ

飛行機が着陸し、駐機場に近づくと、飛行機が駐機場の定められた位置に停止できるよう、パドルと呼ばれる道具を両手に持ちパイロットに合図を送り、誘導します。マーシャリングと呼ばれるこの作業は、視界の狭いコックピットのパイロットに代わり、地上に障害物がないか、別の飛行機と接触しないかなど大きな飛行機を安全かつ正確に動かすため、非常に重要です。パイロットに正確に合図が伝わるよう、堂々とした動作が求められます。

パイロットに正確に合図を送り飛行機を誘導します

飛行機が完全に停止すると、ボーディングブリッジを飛行機に装着します。その際は、飛行機とボーディングブリッジの床に段差やすき間ができないよう、慎重に装着します。飛行機の種類によって、板を渡して段差を埋めるなど、お客さまがつまずいたりすることのないよう細心の注意を払います。

慎重にボーディングブリッジを装着します

到着後は、貨物の取り降ろしと次の便のための積み込みを行います。このとき、搭載計画に基づいて作成した書類に従って、慎重に貨物の積み降ろしを行う必要があります。貨物室内の貨物の位置によって、飛行機が前後のバランスを崩してしまうのを防ぐためです。作業責任者は、計画どおりに作業が進んでいることにたえず目を光らせています。
このように、飛行機が地上にある間も、お客さまや飛行機の安全のため、多くのスタッフが日夜懸命に努力を重ねています。

慎重にボーディングブリッジを装着します前後の重さのバランスに配慮して計画どおりに積み込みます