Safety 整備士

整備士は、飛行機が到着すると、次のフライトに備えた飛行前点検と、パイロットやキャビンアテンダントから報告された飛行中の不具合の修復にとりかかります。
飛行前点検では、前のフライトでの飛行機の状況を確認し、また飛行機全体の外観を点検して、機体にへこみや傷がないか、燃料の漏れがないか、タイヤは磨り減っていないか、ブレーキの磨耗具合が正常な範囲に収まっているかなど、数々の点検項目をチェックします。

機体の様々な部分を入念にチェックします

整備士は、自らの五感を最大限に働かせ、エンジン音の違いなど、飛行機のわずかな異変も見逃しません。鳥の衝突や落雷の形跡があれば、特別検査も行います。
不具合があれば、その原因を的確に突き止め、迅速、確実に修復します。飛行機の安全性だけでなく、お客さまに快適な空の旅を提供できるよう心がけ、日々整備を行っています。

安全かつ快適な空の旅のため、迅速、確実に不具合を修復します

飛行前点検と不具合修復を終えた整備士は、次のフライトを担当するパイロットやキャビンアテンダントにその状況を報告し、飛行機の安全性を約束する証として航空日誌(ログ・ブック)に自らの名前を署名して手渡します。こうして整備士から安全のバトンが手渡され、一便一便の安全運航が確保されています。

機材状況を確実に伝えます