このページの本文へ移動

安全・安心な社会を実現するための取り組み

デジタル技術の活用および情報収集の拡充、分析の深化、対策の徹底に取り組む

近年発展するデジタル技術を積極的に安全対策にも活用することで、さまざまな情報収集の速度と分析力を高めていきます。また、社外の安全に関する情報も幅広く集め、安全対策に活かしていきます。加えて、メーカーとの技術的な検討などにも積極的に関わり、技術力を高めて対策を強化します。

安全情報の収集、分析と対策にデジタル技術を活用する

メーカーにおける技術検討への積極的な関与や他社事例も含めた広範な情報収集により、主体的かつ網羅的な対策を徹底する

安全を大前提として考え行動する人財を育成する

この数年で123便事故を経験した社員のほぼ全員が定年を迎えます。現人の貴重な経験や安全への想いを絶やすことなく次世代へ引き継ぐことで、常に安全を大前提として行動する人財を育成します。二度の事業改善命令を受けるに至った飲酒問題についても、教訓から学び、飲酒に対する厳しい集団規範を確立することで不適切事例を撲滅します。

事故の教訓を活かす

過去の不具合の教訓を活かす

航空を取りまく様々な環境変化に社内外と連携して備える

多様化するテロ等の脅威からお客さまや社員を守るために、社外関係組織との連携をより深めて対策を講じていきます。エアモビリティの健全な発展のためには安全の確保が不可欠となるため、安全基盤の構築に向けて取り組みます。また、近年の激甚化する災害から、お客さまと社員の安全・安心を確保するとともに、被害を抑え運航機能を早期に復旧できるように事前に備えます。

多様化するテロ等の脅威に備える

次世代エアモビリティ発展などの環境変化において、新たな安全問題に対応する

ページの先頭へ移動