このページの本文へ移動

JALグループ早わかり

JALグループの歩み

JALグループは創業以来、時代のニーズに合わせた事業を展開してきました。2010年の経営破綻後、皆さまから再生の機会をいただき、常にお客さまへ最高のサービスをご提供し、社会の進歩発展に貢献できる企業を目指して、着実に歩みを進めています。

日本航空の設立
東京~ホノルル~サンフランシスコ線開設により、本邦企業初の国際線定期輸送を開始
初のジェット旅客機であるダグラスDC-8型航空機就航
日本初の海外パッケージツアーブランドであるJALPAK販売開始
世界一周路線(西回り)開設
証券取引所第一部に上場
日本国内航空株式会社と東亜航空株式会社の合併により東亜国内航空株式会社設立。
日台路線の運航のため、日本アジア航空(株)設立。
550席のB747-SR型機(世界最大座席数)就航
IATA(国際航空運送協会)が発表した1983年輸送実績で、 国際線定期輸送実績世界第1位に
日本航空123便事故
完全民営化
マイレージプログラム導入
日本の航空会社では初めて、国内線全便を対象に、インターネットでの予約サービス(24時間)を開始
日本航空と日航財団、大気観測により「運輸大臣表彰」受賞
株式会社日本航空ジャパン(旧日本エアシステム)と合併
グローバルアライアンスである「ワンワールド」に加盟
会社更生手続申立
新ロゴマーク「鶴丸」で正式始動
東京証券取引所市場第一部に再上場
国際線中長距離ローコストキャリア準備会社 株式会社ティー・ビー・エル(2019年より株式会社ZIPAIR Tokyoに社名変更)を設立

事業領域

JALグループは主要となる国内・国際航空運送事業(旅客、貨物)を中心に、多数の事業を展開しています。

2019年度売上割合のグラフ

2020年度売上:4,812億円

国際線
5.8%(279億円)
国内線
36.2%(1,740億円)
貨物・郵便事業
26.8%(1,182億円)
その他
31.2%(1,504億円)
株式会社ジャルパック、株式会社JALカード等

各種輸送実績・データ

国内線

輸送実績

1,221万人

空港数

61空港

グループ路線数

132

2021年3月 更新

国際線

輸送実績

35万人
グループ便運航数
158 便/日
乗り入れ国/地域数
63 ヶ国/地域
空港数
368 空港
2021年3月 更新

運航率(国内・国際合計)

98.56 %
2021年3月 更新

定時到着率(国内・国際合計)

95.49 %
2021年3月 更新

JAL Vision 2030 -2030年に向けたJALグループのあるべき姿-

JAL Vision2030の実現に向けた中期経営計画のタイムライン

経営戦略の骨子 -環境変化に適応し「持続的な成長・発展」を実現する経営戦略の3本柱-

ページの先頭へ移動