このページの本文へ移動

機材の歴史-2011年

2011-
JALと共に歩み続けてきたJAL航空機の歴史をご紹介いたします。
歴史をきざんだ数々の名機がオンライン上によみがえります。


3月
787-8
2012年3月25日就航。
クリックで開く

787-8は、LED照明・電子シェードなど先進的な機内サービス環境をご提供いたします。
また、従来の航空機と比べ運航効率が約20%高い低騒音機です。


6月
787-9
2015年6月就航。
クリックで開く

LED照明・電子シェードなど先進的な機内サービス環境をご提供いたします。
また、従来の航空機と比べ運航効率が約20%高い低騒音機です。


4月
EMBRAER190
2016年4月就航。
クリックで開く

「エンブラエル190」はヨーロッパのエアバス、米国のボーイングに次ぐシェアーを持つブラジルの航空機製造会社「エンブラエル社」が製造しています。
ダブルバブル構造という丸を二つ重ねた胴体の形が特徴的。胴体内径の違いから、座席幅、通路幅、天井高、足元居住性に優れています。


4月
ATR42-600
2017年4月就航。(鹿児島―屋久島)
クリックで開く

ATR42-600は、高い快適性と環境性能(低燃費・低騒音)を兼ね備えた最新鋭ターボプロップ機です。コックピットはエアバスA380の技術を取り入れたグラスコックピットに最新の航法機器を装備し、客室内は同クラスのターボプロップ機と比べて手荷物収納スペースが大きくなっています。
初号機と2号機には、地元鹿児島「タラデザイン専門学校」とJACとのコラボレーションによってデザインされた特別塗装を施しています。


12月
ATR72-600
2018年12月就航。(鹿児島―沖永良部)
クリックで開く

ATR72-600は、高い快適性と環境性能(低燃費・低騒音)を兼ね備えた最新鋭ターボプロップ機です。コックピットはエアバスA380の技術を取り入れたグラスコックピットに最新の航法機器を装備し、客室内は同クラスのターボプロップ機と比べて手荷物収納スペースが大きくなっています。
※ATR72-600は、日本初納入。


9月
A350-900
2019年9月就航(羽田ー福岡)
クリックで開く

A350-900は、最新の設計と新開発のエンジンによって、大型の収納スペースを有しながらも開放的で、静寂かつ快適な機内空間を実現した最新鋭機です。すべてのクラスで快適性を追求した新しい座席を開発し、全席に個人用画面・電源を装備するなど、機能面を充実させました。また、日本の伝統美をテーマにした統一感のあるインテリアデザインに一新しております。さらに、A350ならではのライブカメラ映像で機外の景色もお楽しみいただくことができます。
※A350-900は国内線初導入。

関連リンク

ページの先頭へ移動