About トップメッセージ

「世界で一番お客さまに
選ばれ、
愛される航空会社」を
目指して

日本航空株式会社 代表取締役社長
植木義晴

平素よりJALグループをご利用いただいているお客さま、国内外の株主の皆さま、各種お取引をいただいております関係者の皆さまのご愛顧とご支援に厚く御礼を申し上げます。

再生の機会をいただき、2012年に策定した「2012〜2016年度 JALグループ中期経営計画」では、以下の3つの経営目標を定めました。

<経営目標>

  1. 安全運航はJALグループの存立基盤であり、社会的責務であることを認識し、輸送分野における安全のリーディングカンパニーとして、安全運航を堅持する。
  2. お客さまが常に新鮮な感動を得られるような最高のサービスをご提供し、2016年度までに「顧客満足No.1」を達成する。
  3. 景気変動やイベントリスクを吸収しうる収益力、財務基盤として、「5年連続営業利益率10%以上、2016年度末自己資本比率50%以上」を達成する。

2016年度までにこれらの目標を着実に達成するために、全社員が一体となって安全運航を堅持し、国際線のスカイスイートや国内線のJALスカイネクストといった新しい機内仕様や機内インターネットを導入するなど諸施策を展開してまいりました。この結果、お客さまからのご評価や財務面の実績においても着実に進捗が見られたことから、これら3つの経営目標は変更することなく、現在も継続させていただいております。

これからも皆さまからいただいたご支援を忘れることなく、常に感謝の気持ちをもって、全社員が心を一つにお客さまの気持ちに寄り添ったサービスを提供してまいります。また、エアバス社のA350型機や三菱航空機社のMRJといった新しい機材の導入も控えており、お客さまの快適性と利便性向上のためには何が出来るのかを考えながら、さまざまな施策への挑戦を続けていきます。

「世界で一番お客さまに選ばれ、愛される航空会社」という夢の実現に向けて、一歩ずつ歩みを進めてまいります。

今後もJALグループに変わらぬご愛顧、ご支援を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。