CSR 航空業界の環境目標

国際航空から排出されるCO2削減の議論は国際民間航空機関(International Civil Aviation Organization;ICAO)に委ねられています。全世界で排出される温室効果ガスの約2%が航空分野から排出されており、ICAOは2020年から航空機からのCO2排出量の頭打ち(CNG2020*)、単位輸送量あたりのCO2排出量の年率2%の効率化を2050年まで継続する野心的な目標を掲げています。国際航空運送協会(International Air Transport Association;IATA)も同様に2020年からCO2排出量の頭打ち、単位輸送量あたりのCO2排出量の年率1.5%の効率化を2020年まで継続し、2050年には2005年対比CO2排出量の半減と言う高い目標を掲げています。(下図参照)
JALはICAO、IATAの関連会議に出席し、CNG2020を実現するための制度設計に参加しています。また、航空機から排出されるCO2削減施策として、燃料効率に優れた航空機への継続的な更新、機体および搭載物の軽量化、運航の効率化、整備作業による燃費改善に全社を挙げて取り組んでいます。更に、抜本的なCO2削減策と位置づけられているバイオジェット燃料の開発・普及、サプライチェーン整備の国内外の議論にも積極的に参加・協力しています。

* Carbon Neutral Growth 2020:2020年以降は航空機から排出されるCO2を削減しながら成長を目指す施策

CNG2020の概念 (出所;IATA)