図1-3-6 フェイルセーフ構造の考え方