図1-3-24 損傷許容設計による構造強度