taitle


項目で探す方はこちら


用語で探す方はこちら


体験学習はこちら


書籍の情報はこちら

 

航空路 airway
(1)広域航法経路 RNAV:area-navigation route
(2)路線 air route
(3)航空路誌 AIP:aeronautical information publication

 航空機の飛行経路として,空中に設定された一定の幅(保護空域)を持った通路である。航空路はおもに航空保安無線施設(VOR:超短波全方向無線標識,NDB:無指向性無線標識を主体とする)を結んで設定されている。各VOR相互間を結ぶ航空路は,中心線の左右それぞれに最小4nm(7.4km),つまり全幅8nm(14.8km)の幅を有する帯状空間である。これはヴィクター航空路(victor airway)と呼ばれており,国内航空路の8割以上を占めている。一方,NDBを使用する航空路は,その精度を考慮してヴィクター航空路より幅を大きくとり,片側に最小5nm(9km),全幅を10nm(18km)として設定されている。これらとは別に,洋上飛行に利用される国際航空路の場合は,上記の無線施設の援助が限定されるため,その幅が最大で中心線の左右それぞれ25nm(45km),全幅50nm(90km)のもの,あるいは片側に50nm(90km),全幅で100nm(180km)の航空路がある。
 航空路には,地形の状態や無線施設の電波の到達距離などを考慮し,航空機が飛行する最低安全高度が決められており,計器飛行方式(IFR)により飛行する航空機はこの高度未満を飛行することはできない。
 また航空路には,国際民間航空機関(ICAO)の基準に基づく名称がそれぞれ付けられている。原則として,国際航空路は“A”(alfaと読む−以下同じ),“B”(bravo),“G”(golf),“R”(romeo)のうちの1字と3桁の番号を組み合わせ,国内航空路は“V”(victor)と“W”(whisky)のいずれかと1から999までの番号を組み合わせて,それぞれ名称をつくる。たとえば“A-590”(alfa five ninety),“R-220”(romeo two twenty),“V-1”(victor one),“W-23”(whisky twenty three)などである。1996年9月現在,東京および那覇飛行情報区(FIR)内の航空路は88本,総延長約30,000nm(54,000km)にも及んでいる。なお航空路に類するものとして,TACANまたはVORTAC相互間を結んだ高高度専用のジェット・ルート(jet route),陸上の無線施設といわゆる洋上飛行の始点/終点を結ぶ洋上転移経路(oceanic transition route:OTR),および無線施設を利用して直行飛行を行うための直行経路がある。
 日本では設定されていないが米国においては18,000ft(5,500m)以上の空域に,エリア航法経路が全土にわたって設定されている。ヴィクター・エアウェイは,二つのVOR間に1本しか設定できないため航空交通路量が限定されること,また空の要所となる特定のVOR上空に航空機が集中してしまうことなどの欠点がある。

(1)広域航法経路(RNAV:area-navigation route)
 VOR・DME(VORとDMEの併設された施設)あるいはINS(慣性航法装置)などを利用した経路で,図2-3-7のようにヴィクター航空路とはまったく独立して多くの経路を任意に設定できる利点を持っている。
 広域航法経路を飛行するには,航空機にFMS(flight management system),あるいはINSを装備していなければならない。航空機は,コンピューターにより常時自機の位置を計算しながら,コースからはずれないように飛行している。
(2)路線(air route)
 航空会社が定期あるいは不定期に航空輸送を行う空路。鉄道路線やバス路線に対して,航空路線という。日本では,国内航空路については,航空会社からの路線開設に申請により,運輸省航空局が需要動向,あるいは他の航空会社との競合関係などを検討のうえ認可する。国際間の路線については,国内路線のように簡単ではなく,日本と相手国の両国政府間交渉により,新規にその国と航空協定を締結するか,現行航空協定を改定するか,いずれかによらなければならない。
(3)航空路誌(AIP:aeronautical information publication)
 航空機が安全に運航できるよう必要な情報を記載した印刷物。わが国では運輸省航空局が編集している。また,別に自衛隊機用の航空路図誌(FIP:flight information publication)が,防衛庁から発行されている。

 
JAL-航空券 トップ 目次