taitle


項目で探す方はこちら


用語で探す方はこちら


体験学習はこちら


書籍の情報はこちら

 

飛行情報区 FIR:flight information regions
(1)飛行情報区 FIR:flight information regions
(2)防空識別圏 ADIZ:air defence identification zone
(3)領空 national air space
(1)飛行情報区(FIR:flight information regions)
 飛行する航空機に対して,安全で効率良い航行を確保するために,各国が責任を持って,航空交通管制業務,飛行援助業務,航務業務を行う空域である。ICAOにより指定されるFIRは,領空と公海上空を含んだ空域で,領空主権よりも円滑な航空交通を考慮して設定されており,その名称には国名を付けず,業務を担当する管制センター,または飛行情報センターの名が付けられている。わが国が管轄しているFIRは,東京飛行情報区と那覇飛行情報区で,航空交通管制部(運輸省)が業務を行っている。
図2-4-1 太平洋の飛行情報区
(2)防空識別圏(ADIZ:air defence identification zone)
 国の防空上の要求から設定されている空域のこと。航空機が,外国の領空を飛行する場合,その国の許可を得なければならない。防空部隊は担当区域へ侵入する航空機を識別し,無通報の領空侵犯機を強制着陸させるか,領空から退去させなければならない。このため,ADIZ内を飛行するすべての航空機は,飛行計画の提出,位置通報など定められた飛行手順が要求される。民間機の運航についての防空に必要な位置通報などの情報は,管制機関から防空管制センターに送られる。防空識別圏と飛行情報区とは異質のものであり,その包括範囲は合致しないのがふつうである。
図2-4-2 日本の防空識別圏
(3)領空(national air space)
 国家の領土・領海の上空空域をいう。領空の高度限界については,大気圏内というのが一応の通説となっている。

 
JAL-航空券 トップ 目次