「空を飛ぶモノ」の安全・安心はJALが創り上げていく翼に夢をのせて空へ、
そのためにYour dreams take flight

お客さまへのお願いと私たちの取り組み 〜安心・安全に受講いただくために〜 詳しくはこちら
期間限定特別キャンペーン セット申し込み25%OFF!! 対象 2021年3月31日までの開催コース 詳しくはこちら

The right skills

「空を飛ぶモノ」を正しく扱うスキル

「人間はErrorを起こす」

航空機を安全に運航するために、JALでは運航乗務員・整備士はもとより、航空機に携わるすべての社員に多くの訓練を実施しています。本講座では、運航乗務員が実際に行っている訓練内容を受講していただくことが可能となっています。

ところで、運航の最終責任者である運航乗務員に、どのような能力が必要だと思いますか?もしかすると、超人的な“何か”が必要だとお考えの方がいらっしゃるかもしれません。当然ですが、そんな能力は不要です。簡単にまとめると、以下の4つの能力だといえます。

01
安全で高品質な運航を実施しようとするAttitudeを持つ

姿勢

02
運航に活かせるKnowledgeを持つ

知識

03
手順に従い、航空機を安全に操作することができる「Technical Skills」

Technical Skills

04
状況認識や冷静な判断力、Communicationなどの「Non-Technical Skills」

Non-Technical Skills

この中でも、特に重要なのが「Non-Technical Skills」です。

人間は状況認識(認知)をもとに意思を決定(判断)し、行動します。しかし、残念なことに人間の能力には限界があり、時にErrorを起こしてしまいます。実は、「人間はErrorを起こす」ということを知ることが、安全運航を維持するうえで非常に重要なのです。本講座では、多岐にわたる「Non-Technical Skills」を体系的に、非常にわかりやすく説明していきます。

一方、目覚ましい技術進歩に伴い、ドローンなど無人航空機はここ数年の間に急速に普及しています。今後はさらに、物資輸送や測量・建築などさまざまな分野で活用されるとともに、災害時などの危機対応の手段としても大きく期待されています。

当然ですが、航空機と同じ領域で活動する無人航空機とそのパイロットは、航空機のパイロットと同じレベルの安全意識と能力が求められます。また、無人航空機のパイロットは、モニターを通して得られる限られた情報によって状況を的確に把握しなければなりません。さらに、不測の事態には安全確保が非常に難しくなります。遠く離れた地上ステーションから機を適切にコントロールしなければならないからです。このため、操縦技術だけでなく、状況を認識したり、正確に情報を伝えたりする能力が必要となります。

すなわち「Non-Technical Skills」です。

無人航空機を利用したさまざまな現場では、パイロットと監視者の意思疎通が非常に重要です。お互いに「Non-Technical Skills」を発揮すれば、より安全な作業が可能となります。ぜひとも本講座を受講していただき、運航乗務員と同等の「Non-Technical Skills」を身につけてください。

JALならではのこだわり

無人航空機の免許制度化を見据え、空を飛ぶモノを扱うプロフェッショナルが「身につけるべきスキル」を指導

  • Non-Technical Skills 講習

    〔カリキュラム〕
    目視外飛行(レベル3,4)の実現にも有益で、有人機パイロットの必須スキルとなる、「Human Performanceに関する知識とスキル」を無人航空機オペレーター向けにカリキュラム化し、より一層の安全確保に向けて必要な知識や技術を紹介していきます。

    〔講師〕
    お客さまと自身の命を守ってきた有人機パイロット(JAL運航乗務員、元航空自衛隊戦闘機パイロット)だからこそ伝えられる「安全最優先の重要性」を、今までの経験やヒヤリハットから得られた教訓を交えてお伝えいたします。

  • Technical Skills 講習

    〔カリキュラム〕
    実際の現場では事前にどのような準備が必要か?当日の持ち物は?何に気をつけるべきか?という点に加え、予期せぬトラブルが起こった際どのように対応していくのかなど、パートナー企業の実務経験に基づき紹介していきます。

    〔講師〕
    無人航空機活用ソリューションの現場経験が豊富で、決して評論家では無く、無人航空機で実現できないこと・無人航空機でやるべきではないこと、をしっかりと説明・判断できる無人航空機の運用プロフェッショナルがお客さまの立場になってお伝えいたします。

Non-Technical Skills
JAPAN AIRLINES

JALの運航乗務員が実際に行っている
訓練内容を学べるカリキュラム

Technical Skills
パートナー企業

パートナー企業

プロフェッショナルが現場で培ってきた
実践的なノウハウを学べるカリキュラム

JALオリジナルカリキュラムの
受講対象者

事業での利用を目的としたお客さま(法人または個人事業主)を対象となります。
「Non-Technical Skills」は業種や社会経験を問わず、「Technical Skills」はドローン操縦経験者を対象としています。

  • 無人航空機の操縦・撮影技術をさらに向上させたい!

  • ミスやヒヤリハットを減らしたい。

  • 1人での操縦は得意だがチームでの仕事がうまくいくようにしたい。

  • 安全性を高める講習を探している。

  • 社内で無人航空機のプロ人財を育てたい。

目指される産業用無人航空機の
オペレーション技能
Non-Technical 
Skills
Technical 
Skills
指導者レベル(業界トップレベル)
産業用途特化レベル(現場で求められる実践レベル)
基礎的な業務遂行レベル(一般的なスクールの専門コース卒業レベル)
最低限の飛行レベル(一般的なスクールの基礎コース卒業レベル) -

社会に必要とされるスキルの証

JAL Non-Technical Skills受講者にJALオリジナルカードを発行
肩章で受講コースを表現

カードデザインは表面、裏面ともにイメージです。

  • 裏面は共通デザイン

「空を飛ぶモノ」を正しく扱う
プロフェッショナル講師

Non-Technical Skillsの講師(JAL)

石川 宗
日本航空 運航本部 運航企画部石川 宗
東北大学理学部卒。航空大学校卒業後、1995年 日本航空株式会社に入社。1998年B747-400副操縦士昇格、2010年B747-400機長昇格。現在B767に乗務。運航訓練審査企画部 定期訓練室 調査役、飛行教官を経て、運航企画部に所属。 日本学術会議主催 安全工学シンポジウム2019においてNon-Technical Skillsに関する講演を行うなど、社外での講演多数。
丸山 浩
日本航空 運航本部
運航訓練審査企画部 定期訓練室
丸山 浩
九州大学工学部卒。1997年自社養成パイロット訓練生として日本航空株式会社に入社。2002年B747副操縦士昇格、B777,B737と移行し、2017年機長昇格。現在B737飛行訓練教官を兼務し副操縦士訓練生、客室乗務員に対し、Multi Crew CooperationおよびNon-Technical SkillsなどCRM※に関する講義を行う。趣味特技は剣道。日本航空剣道部所属。
松嶋 一成
日本航空 運航本部
運航訓練審査企画部 定期訓練室
松嶋 一成
防衛大学校理工学部卒。航空自衛隊 戦闘機パイロットとして対領空侵犯措置任務に従事。
米空軍士官学校 軍事戦略学教官、航空自衛隊 指揮幕僚選抜課程教官、航空教育集団司令部 教育第2課長(飛行教育)などを歴任。現在、日本航空において、運航乗務員に対し、Communication SkillsおよびNon-Technical SkillsなどCRM※の教官として活躍。

※ CRM:安全で質の高い運航を達成するためにすべての利用可能な人的リソース(運航乗務員、客室乗務員、運航管理者、整備担当者、航空管制官など)、ハードウェアおよび情報を効果的に活用するという考え方。Crew Resource Managementの略

Technical Skillsの講師(パートナー企業)

株式会社WorldLink&Company
株式会社WorldLink&Company
京都・北山に本社を置き、2015年に日本で初めて実店舗型ドローン専門店をオープン。「ドローンと社会を正しくつなぐ」というミッションを掲げ、「SkyLink Japan」というブランドで販売だけでなくドローンを活用した空撮、インフラ点検、測量における最新技術や保守サービスの提供、また講習会やドローンパイロット派遣など顧客ニーズに応じたドローンに関するあらゆるソリューションを提供し、業界のハブとしての役割を担う。
空の安全に対する高い意識と高度な操縦技術をあわせもったプロフェッショナルなドローンパイロットを育成したいという想いを実現するため、 2016年から日本最高峰のドローン操縦技能を持つ有限会社Rave Project社と「ドローンPROパイロット技能認定会」を共催。
Primary Core Values of JAL Group

JALにとって
安全とは
命を守ること

「空を飛ぶモノ」を安全最優先で正しく扱う
ノウハウを社会の皆さまと共有し、
安全・安心を追求する人財の層を
厚くしていくことに取り組んでまいります。

お問い合わせ・お申し込み