CSR CSR情報

JALだからこそ
できること

私たちが大切にするJALフィロソフィを核として、
本業である航空輸送事業を通し、
JALグループだからこそできる社会貢献活動を推進しています

CSR基本方針

JALグループは、将来の世代により良い社会を繋げることを目指し、日本の翼として、本業である航空輸送事業を通じて、社会からのご期待にお応えするとともに、さまざまな社会問題の解決に取り組みます。

JALグループ企業理念

日本と
世界を結ぶ

次世代育成

安全・安心

環境

社会課題
の解決

事業

事業以外

JALフィロソフィ

1

2

3

4

CSR

1. JALグループ全体で
取り組みを推進します

4つの重点領域を主軸に据え、必要に応じて事業との連携を図りながら、グループ全体で取り組みを推進します

2. 本業である航空運送事業を生かします

航空運送事業を通じて、社会課題の解決に努めます

3. JALだからこそできることを追求します

グループ全社員共通の意識・価値観・考え方であるJALフィロソフィを取り組みの根底に据え、JAL独自の取り組み・価値につなげます。

4. 社会の一員として、
広く社会に貢献します

社会の一員として広く社会課題を捉え、解決に努めます

POLICY

活動指針と4つの取り組み

JALグループでは、ISO26000を参考に、幅広い分野でCSR活動に取り組んでいます。将来の世代により良い社会を繋げるために、その中でも、私たちが特に大切に考える、4つのJALらしい分野を中心に、CSR活動を推進してまいります。

安全は私たちの存在価値そのもの
あらゆる面から社会に安心を

安全・安心

基盤となる安全運航を堅持した上で、災害時に航空会社ならではの対応ができるようBCP(事業継続計画)を整えています。また、バリアフリーやユニバーサルデザインの推進、食物アレルギー患者向けのツアーの企画など、多くのお客さまに安心をお届けしています。

環境にかけている負荷を自覚し
次世代へと自然をつなげる工夫を

環境

大量の燃料を消費し運航する飛行機が自然に与える負荷を少しでも小さくすべく、さまざまな工夫を行っています。加えて、航空機による大気観測や上空からの森林火災発見通報活動など、航空会社だからこそ出来る環境活動を行っています。

重要な社会インフラとして
「結ぶ」機能を社会に役立てる

日本と世界を結ぶ

航空事業の「結ぶ」機能はさまざま。航空輸送サービスをご提供するという基本的役割に加え、地方ネットワークの維持改善、観光振興を通じた地方経済の活性化や被災地の復興支援など、地域と地域、人と人を結んで、社会の進歩発展に貢献していきます。

大空を飛ぶ、世界とつながる
子どもたちの夢を応援したい

次世代育成

地球環境をともに考える「そらエコ教室」、航空会社の仕事をお話しする「お仕事講座」や「工場見学」など、幅広い各年齢層に対応した社員参加のプログラムを通じて、次世代を担う子どもたちの夢あふれる未来を応援しています。

NEWS

2016.07.29

決算会見について

国連グローバル・
コンパクトへの参加

JALグループは、国連が提唱する「グローバル・コンパクト」に参加しています。 グローバル・ コンパクトは世界各国の参加企業に対して人権・労働・環境・腐敗防止の10原則を実践することを求めています。
JALグループは、お客さま、文化、そしてこころを結ぶ企業活動を通じて、グローバル・コンパクトの10原則を確実に実践し、日本と世界の平和と繁栄に貢献します。
READ MORE

統合報告書「JAL REPORT」

JAL REPORT

2016年3月期

ダウンロード
[4.28MB : PDF]

社外報「明日の翼」

PR magazine

Vol.7 / 2016

ダウンロード
[3.80MB : PDF]