Safety 安全・運航情報

すべてのお客さまの
安心のために

安全運航は、JALの存立基盤であり社会的責務です。
いかなる状況においても、すべてに優先させて安全を確保し、
お客さまに安心で快適な空の旅をご提供いたします。

Message

安全の砦を守り抜くために

経営メッセージ

私どもは、過去の悲痛な事故を教訓とし、JALにしかない厳粛な安全文化を揺るぎないものにしてまいりました。今後もこの安全文化を継承し、JALグループの企業風土として盤石なものにしてまいります。

READ MORE

Safety 
Charter

安全で快適な
フライトのために

安全憲章

JALにとって、安全運航は社会的責務であり、経営の最優先課題です。従って、JALグループ企業理念のもと、安全運航に関わる方針をより具体的に示す必要があると考え、「安全憲章」を制定しました。

READ MORE

Approach

航空安全の歩み

航空事故が発生すると、原因究明のための調査が徹底して行われます。過去の事故から得られた教訓は、事故の再発防止や被害の軽減に活かされてきました。技術の進歩、訓練による技量の向上、ヒューマンファクター研究など、航空業界全体の不断の取り組みによって、航空安全の向上が図られており、2015年の航空事故発生率は、100万回飛行あたり0.32件と、1959年の発生率の約1/50になっています(IATA報告書による)。この航空事故の発生率をさらに改善するためには、確固とした安全文化を組織に確立することが重要であると考えられています。

技術の進歩

航空機を安全に運航するための様々な技術の進歩により、運航の安全性は常に向上しています。

訓練による技能向上

近年では、技術的な能力だけではなく、コミュニケーション能力などのノンテクニカルスキルも向上させることが、訓練の重要な要素となっています。

ヒューマンファクター研究

人間の能力や特性に着目し、日常運航を客観的かつ科学的に分析。ヒューマンエラーを低減させるための手法やシステムは、日々進化しています。

組織の時代

防護の行き届いた現代のシステムでは、防護壁を脆弱にする組織的な要因への対応に焦点が当てられており、組織の安全文化の要素が特に重要視されています。

Operations

JALの取り組み

安全運航を堅持するための、3つの取り組み

JALは存立基盤である安全運航を堅持するため、「輸送分野における安全のリーディングカンパニーとして、安全を守る文化の醸成、安全を守る人財の育成、安全を守るシステムの進化の3つの取り組みを行い、安全の層を厚く積み重ねています。

安全に対する高い使命感と技術 安全に対する高い使命感
責任感並びに技量・技術

人財の育成

一人ひとりに着目した、よりきめ細やかな人財育成により、
各分野におけるプロフェッショナルとしてだけでなく、
安全のプロフェッショナルを育成します。

一人ひとりの技量・知識の更なる向上

職種ごとに「一人ひとりの強み・弱み」を客観的に把握する仕組みを構築し、きめ細やかに人財育成を行います。

SMS教育(安全知識教育)

安全管理システム(SMS)を正しく理解した上で、業務を遂行していくための教育を全社員に実施しています。

安全リーダー

現業部門の各職場では、「安全リーダー」が要となって、安全を守る取り組みを進めています。

要因分析と対策立案の
方法を標準化

システムの進化

データに基づく確かな手法で、トラブルの芽を事前に把握し、
予防的対策を講じるための、未然防止型のシステムを構築します。

ノーマル・ライン・オペレーション・モニタリング

日常の運航や業務に潜む不安全な要素を見出し、未然に不具合を防止する取り組みを進めています。

リスク評価の拡充

不具合が事故や重大インシデントに発展するリスクを評価する仕組みを拡充しています。

安全パフォーマンスモニタリング

安全情報を管理・分析して、安全管理システムが有効に機能しているかどうかを定量的に把握します。

グループ全社員で
取り組む安全

安全文化の醸成

過去の事故の風化防止と、
安全アドバイザリーグループの提言に基づく取り組みを継続し、
JALにしかない厳粛な安全文化を醸成、継承します。

安全意識教育

事故の「現地」、「現物」、「現人」に接し、安全の重要性を本質から理解するための教育を進めています。

マニュアルを磨く文化

現場の視点を重視して、マニュアルの量・質を常によりよい形に変えていきます。

報告する文化

エラーを起こした個人を責めるのではなく、エラーやヒヤリハット体験をオープンにできる職場を目指します。

運航実績

運航便数、運航率のほか、定時出発率や目的外空港への着陸便数、引き返し便数などの詳しいデータをご覧いただけます。

運航情報

運航率

国内・国際合計

98.6%

国内線

98.3%

国際線

99.9%

DATE 2017.01

安全啓発センター

日本航空123便事故の残存機体の一部をはじめ、
JALが創業以来経験してきた航空事故の記録などを展示しています。
社員一人ひとりがこの場に立ち、航空機事故と真正面から対峙して、
人の命の尊さを再認識し、安全運航堅持のために何ができ、
何をすべきかについて自ら学ぶ場としております。

READ MORE