このページの本文へ移動

配当情報

1. 配当方針および2022年3月期の配当金について

当社は、株主の皆さまへの還元を経営の最重要事項のひとつとしてとらえており、将来における企業成長と経営環境の変化に対応するための投資や強固な財務体質構築に資する内部留保を確保しつつ、継続的・安定的な配当に加え、自己株式の取得を柔軟に行うことで、株主の皆さまへの還元を積極的に行うことを基本方針としております。

しかしながら、新型コロナウイルス感染拡大の影響の長期化により当社の属する航空業界は甚大な影響を受けており、当連結会計年度のEBITは△3,983億円と大幅な損失を計上することとなりました。また、2022年3月期の状況も見通せない状況が続いております。
このような状況を踏まえると、今は手元流動性の確保と財務健全性を維持することを優先することが適切であると判断し、当期の期末配当については無配とさせていただき、2021年6月に開催予定の定時株主総会にお諮りしない予定でございます。株主の皆さまには大変申し訳なく思っておりますが、当社グループが現在置かれている状況に鑑み、ご理解を賜りたく存じます。また、現時点においては、航空旅客需要の回復時期が不透明であり、2022年3月期の業績を見通すことが極めて困難であるため、2022年3月期の配当予想については未定とさせていただきます。配当予想についても、状況が見通せるようになった段階でお示しすることといたします。
新型コロナウイルス感染拡大が収束を迎え、日本および世界の航空需要が回復し、当社グループの業績が回復基調に戻った段階で、その時および将来の財務状況やキャッシュ・フローの状況等を踏まえて、再び継続的かつ安定的な株主還元の実現に努めてまいります。

2. 配当金(予想)

こちらの表は横スクロールできます
  中間 期末 合計
2022年3月期
配当金
未定 未定 未定

3. 配当金(実績)

こちらの表は横スクロールできます
  中間 期末 合計
2021年3月期
配当金
2020年3月期
配当金
55円00銭 55円00銭
2019年3月期
配当金
55円00銭 55円00銭 110円00銭
2018年3月期
配当金
52円50銭 57円50銭 110円00銭
2017年3月期
配当金
 ー  94円00銭 94円00銭
2016年3月期
配当金
 ー  120円00銭 120円00銭
2015年3月期
配当金
 ー  104円00銭 104円00銭
2014年3月期
配当金
 ー  160円00銭
※1 80円00銭)
160円00銭
※1 80円00銭)
2013年3月期
配当金
 ー  190円00銭
※1 95円00銭)
190円00銭
※1 95円00銭)
こちらの表は横スクロールできます

※1 当社は、2014年10月1日付で普通株式1株につき2株の割合をもって株式分割を行っており、便宜的に株式分割後の値を記載すると上記の通りです。

ページの先頭へ移動