このページの本文へ移動

安全管理体制

安全に係わる最終責任者である社長、および安全管理体制の統括管理を行う安全統括管理者のもと、以下の体制で経営トップから現場まで一丸となって安全性の維持、向上を図っています。

図:JALグループの安全管理体制図です

1. 安全管理の組織

(1) 安全推進本部

日本航空を含めた、JALグループ全体の安全性向上のための統括責任を担います。主な役割は以下のとおりです。

  • 安全に関する重要事項の社長および安全統括管理者への報告
  • 安全管理方針および目標の立案、その推進に関わる企画、総括
  • 安全管理に関わるグループ内調整業務
  • 航空事故・重大インシデントなどに関する調査や対策の立案
  • 安全・保安に関わる教育の企画・立案
  • 安全・保安に関わる監査の実施
  • ヒューマンファクターに関する調査・研究

(2) 運航・整備・客室・空港・オペレーション・貨物郵便 各本部

運航に必要なそれぞれの機能を担当する各生産本部の長は、各生産本部内の安全に関わる委員会の委員長を務め、指揮下の安全に関わる業務についての総合的判断、および決定を行うとともに、社長ならびに安全統括管理者への報告を行います。
なお、各生産本部にはそれぞれ安全管理部門(運航安全推進部・整備管理部・客室安全推進部・空港企画部・オペレーション安全・品質推進部・業務部)が配置されており、その主な役割は、以下のとおりです。

  • 各生産本部内の安全方針・施策の策定
  • 各生産本部内の安全管理システムの日常的なモニター
  • 各生産本部内の安全啓発、教育・訓練

2. 安全に関わる会議体

運航の安全は、社内それぞれの機能による安全活動の集大成であり、これらの機能が緊密に連携しあうことが不可欠です。したがってJALグループでは、日常運航の実態を把握し、発生した事象の情報に基づいて、各機能・組織が連携して必要な改善を行うため(これらの活動をオペレーションリスクマネジメントといいます)、安全に関わる各種会議体を設置しております。

(1)グループ安全対策会議

議長は日本航空の社長が務め、関係役員、ならびにグループ航空会社社長がメンバーです。主な役割は以下のとおりです。

  • 安全管理に関する重要な方針の策定
  • 安全管理体制の実態把握および体制の定期的な見直し
  • 日常運航上の安全に関わる対応の決定
  • 航空安全推進委員会から上申された重要な事項の審議

(2)グループ航空安全推進委員会

グループ安全対策会議の下部機構として、各生産本部およびグループ航空会社間の連携・強化を図り、航空安全を向上させるために設置しております。重要な事項は安全対策会議に上申します。委員長は日本航空の安全推進本部長が務め、安全管理担当部門の部長およびグループ航空会社の安全担当役員がメンバーです。主な役割は以下のとおりです。

  • 航空安全に関する基本方針と目標の策定
  • 重要な不安全事象の分析に基づく、再発防止策の勧告・助言
  • 各生産本部の活動状況の把握および助言・指導
  • 社員に対する安全活動の指導、および安全意識の高揚に関わる事項の審議

(3)アルコール対策特別委員会

運航乗務員および客室乗務員、整備従事者、運航管理者、空港内運転者に係るアルコールリスクの全社的な管理を目的として、日本航空安全統括管理者(委員長)、日本航空の安全推進本部長、および運航/客室/整備/空港/オペレーション/貨物郵便本部長等で構成される会議体です。主な役割は以下の通りです。

  • アルコールリスクに対する方針の策定
  • アルコールリスクに対する全社対応の決定と対策指示
  • 策定した対策の実施状況の監視、定期的なレビューおよび改善指示
  • アルコールリスクに関する意識改革、教育の実施

(4)アルコール対策専門部会

アルコール対策特別委員会の下部会議体として、運航/客室/整備/空港/オペレーション/貨物郵便本部における情報収集と分析、対策実行と実施状況の監視等を目的として、各本部長が部会長を務め本部内の安全管理担当部門および関係部門、安全推進本部で構成される会議体です。主な役割は以下の通りです。

  • アルコール検知事例に対する分析と再発防止
  • アルコール検査(基準内)の傾向分析と必要な対策立案、周知
  • アルコールリスクに関する組織的な対策の実施

(5)生産本部における安全に関わる会議体(運航安全委員会・整備安全委員会・客室安全委員会・空港安全委員会・オペレーション安全委員会・貨物安全委員会)

安全に関わる生産本部内の連携強化を図るとともに、生産本部内の安全に関わる方針の決定などを行うために設置しております。

ページの先頭へ移動