About トップメッセージ

「世界で一番お客さまに
選ばれ、
愛される航空会社」を
目指して

日本航空株式会社 代表取締役社長
植木義晴

平素よりJALグループをご利用いただいているお客さま、国内外の株主の皆さま、各種お取り引きをいただいております関係者の皆さまのご愛顧とご支援に厚く御礼を申し上げます。

東京オリンピック・パラリンピック開催、首都圏空港の発着枠拡張が見込まれる2020年を一つの節目として、「挑戦、そして成長へ」をテーマに「2017-2020年度JALグループ中期経営計画」を策定しました。新中期経営計画では、「世界のお客さま、そして地域と社会」のために、私たちの目指す将来の姿としてJAL Vision「世界のJAL」「一歩先を行く価値」「常に成長」を掲げています。このJAL Visionの実現に向けて、引き続き「フルサービスキャリア事業を磨き上げる」ことに取り組み、安全・サービス強化に向けた将来投資を行いつつ、グローバルな変化に対応し、お客さまに選ばれるエアラインを目指します。加えて、強みを活かした新たな収益源の創造・育成といった「事業領域を拡げる」ことへの必要な準備を進め、実行します。

具体的には「安全」「顧客満足」「財務」の3項目で経営目標を設定しました。

<経営目標>

  1. 安全  :「航空事故ゼロ、重大インシデントゼロ」を実現します。
  2. 顧客満足:顧客ロイヤルティを数値化する指標であるNPS(Net Promoter Score)を用いて、2020年度までに世界トップレベルの顧客満足を目指します。
  3. 財務  :これまで築き上げた高い収益性と強固な財務安定性を兼ね備えつつ、成長に向けた積極的な投資および経営資源の有効活用により、「営業利益率10%以上、2020年度末までに ROIC(投資利益率*1)9%以上」を目指します。
    *1 企業が事業活動のために投じた資金によって、どれだけの利益を生み出したかを測る指標

2020年に向けて、「挑戦、そして成長へ」をテーマに、将来の成長に不可欠な「安全」と「高品質なサービス」に必要な費用を投じながら一歩ずつ着実に進み、持続的かつ安定した成長に繋げ、お客さま、株主の皆さま、社員への還元を積極的に実施するとともに、地域と社会に貢献してまいります。

これからも皆さまからいただいたご支援を忘れることなく、常に感謝の気持ちをもって、JALグループの全社員が心を一つにお客さまの気持ちに寄り添ったサービスを提供し、「世界で一番お客さまに選ばれ、愛される航空会社」になるよう、一歩ずつ歩みを進めてまいります。

今後もJALグループに変わらぬご愛顧、ご支援を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。