このページの本文へ移動

安全・安心

すべてのお客さまの安心のために

安全は、JALグループ存立の大前提です。
いかなる状況においても、お客さまに安全・安心な空の旅をお届けします。

安全憲章

安全とは、命を守ることであり、JAL グループ存立の大前提です。
私たちは、安全のプロフェッショナルとしての使命と責任をしっかりと胸に刻み、 知識、技術、能力の限りを尽くし、一便一便の安全を確実に実現していきます。

そのために私たちは以下のとおり行動します。

  • 安全に懸念を感じた時は迷わず立ち止まります。
  • 規則を遵守し、基本に忠実に業務を遂行します。
  • 推測に頼らず、必ず確認します。
  • 情報は漏れなく速やかに共有し、安全の実現に活かします。
  • 問題を過小評価することなく、迅速かつ的確に対応します。

代表取締役社長
グループCEO
鳥取 三津子

安全

安全は、JALグループ存立の大前提です。

安全管理システム

JALグループでは、安全を管理するための方針や目標の設定、必要な組織や責任体制の構築、
リスクマネジメントや安全保証、教育訓練や安全啓発などを体系的に実施する安全管理システムを構築し、
それに基づいて業務を遂行することにより航空安全の維持・向上を図っています。

JALグループ安全目標

ゆるぎない安全を築くため、数値目標と行動目標の達成を通じて、安全の層を厚くして、安全安心な社会の実現に貢献します。

ページの先頭へ移動