このページの本文へ移動

JALグループ環境方針

環境は、すべての生き物が地球上で命を育むために、守らなければならないものです。
JALグループは、行動規範「社会への約束」にて掲げた「豊かな地球を次世代へ」を実現するため、本方針の下、推進体制を構築し、社会の一員として環境の保全に取り組むとともに、それを妨げる事象の未然防止に努めます。

JALグループ行動規範「社会への約束」 豊かな地球を次世代へ

1.JALグループは、航空運送事業が環境に大きな影響を与えているという事実と真摯に向き合い、この豊かな地球を次世代に引き継ぐ責任を果たすために、社員一人ひとりの意識を啓発し、あらゆる場面で環境の保全に取り組みます。

法令の遵守

2. JALグループは、環境に関する法令や条例、国際条約等の規範、業界・自社の基準を遵守します。

環境負荷低減

3. JALグループは、環境マネジメントシステムを構築し、以下の取り組みを確実に実行することで環境の負荷を低減していきます。

(1)気候変動への対応

①航空機からのCO2排出量を削減します。
②地上施設、地上車両等からのCO2排出量を削減します。

(2)限られた資源の有効利用

4R(Refuse/Reduce/Reuse/Recycle)の考えを徹底し、食品廃棄やプラスチック製品利用の削減等、事業のあらゆる場面で資源を有効に利用します。

(3)環境汚染の防止

①廃棄物を削減し、環境汚染を防止します。
②有害化学物質等を適切に管理し、環境汚染を防止します。

(4)騒音の低減

①低騒音機材への更新を進めます。
②騒音軽減運航方式を積極的に検討、導入します。

(5)生物多様性の保全

①生物多様性の保全にむけ、航空運送事業に携わるものとしての責任を果たします。
②事業活動による環境負荷を抑制し、生態系への影響を最小にします。

環境技術の追求

4. JALグループは、環境の課題解決に向け、ステークホルダーとの連携を通じて、バイオジェット燃料の製造開発の促進等、環境に配慮した技術を追求します。

意識啓発

5. JALグループは、環境への意識を啓発し向上することを目的として、すべての役員・社員に対して適切な教育・研修を行います。また、社会に向けた啓発活動を積極的に推進します。

情報開示

6. JALグループは、自社の環境負荷や取組状況を誠実かつ積極的に開示し、ステークホルダーと対話します。

継続的改善

7. JALグループは、自らの事業が環境に与える影響と環境保全の取り組みの成果を定期的に評価し、取り組みに反映することで継続的な改善に努めます。

※ 本方針は2019年8月1日より適用する。

ページの先頭へ移動