このページの本文へ移動

省燃費機材への更新

JALグループでは環境負荷低減のため、省燃費機材への更新を進めています。2019年9月には国内線にエアバスA350-900型機が就航しただけでなく、2012年から国際線に就航していたボーイング787型機を、2019年10月から国内線にも就航させました。また2023年からは国際線にエアバスA350-1000型機の導入を開始するとともに、現在運航中の小型機ボーイング737-800型機の更新機材として、ボーイング737-8型機を2026年から新たに導入します。これらの機材は省燃費かつ低騒音であり、従来機と比較してCO2排出量を15%~25%程度削減することができます。、JALグループは、2020年度に実施した公募増資で調達した資金や、2022年3月に発行した航空業界として世界初のトランジションボンドである「SDGs債」も活用し、今後も計画的に新型機に更新していくことで、環境負荷低減に貢献していきます。

JALグループの省燃費機材の割合

エアバス A350型機

詳しくはこちら別ウィンドウで開く

ボーイング787-8型機

詳しくはこちら別ウィンドウで開く

ボーイング737-800型機

詳しくはこちら別ウィンドウで開く

エンブラエル170型機

詳しくはこちら別ウィンドウで開く

ページの先頭へ移動