このページの本文へ移動

騒音の低減

基本的な考え方

JALグループは、空港周辺の騒音軽減に積極的に対応しています。「国際民間航空機関(ICAO)バランス・アプローチ」の航空会社が担うべき「航空機の音源対策」および「騒音軽減運航方式」に積極的に取り組んでいます。プロペラ機を除くJALグループの機材は、ICAO Chapter4基準適合機材の比率が100%に達しています。ICAO Chapter14基準相当の機材比率は、46%です。
騒音軽減運航方式として、離陸時は騒音軽減離陸方式で運航しており、特に住宅地に近い羽田空港や伊丹空港では、より厳しい運用を実施しています。
着陸時の騒音軽減方式としては、低フラップ角着陸方式(Reduced Flap)、フラップや車輪をなるべく遅く出す(Delayed Flap & Gear)、逆噴射抑制(Idle Reverse)などを行い、サンフランシスコ国際空港、関西国際空港では大幅な騒音軽減、CO2削減となる連続降下方式(Continuous Descent Operations)を実施しています。

ICAO騒音基準適合機材の割合

ページの先頭へ移動