このページの本文へ移動

責任ある調達活動の推進

基本的な考え方

JALグループは、航空運送をはじめ各種事業を行う上で、ステークホルダーや社会からの信頼を築き、持続可能な社会の実現に向けて貢献していくため、調達部門は公正公明に調達を行います。調達の方針として、これまでの品質・価格・納期といった観点のみならず、お取引先さまとの共存共栄の関係を目指し、地球環境保全、人権尊重、適正な労働慣行といった持続可能性に配慮した責任ある調達活動を進めていきます。

JALグループサプライヤー行動規範

持続可能性に配慮した責任ある調達活動を進めるために、お取引先さまにご理解と遵守をお願いする項目として「JALグループサプライヤー行動規範」を策定しています。

本規範の策定にあたっては、国連グローバル・コンパクトの人権、労働、環境、腐敗防止の4分野・10原則や、持続可能性に関わる各分野の国際的な合意や規範などに細心の注意を払い、以下の内容を織り込んだものを行動規範としています。この行動規範のご理解と遵守を通じて、お取引先さまとともに持続可能性に配慮した健全なサプライチェーンの構築を目指します。

JALグループサプライヤー行動規範の項目

  • 1.品質確保
  • 2.人権・労働
  • 3.職場環境における安全衛生
  • 4.環境
  • 5.ビジネスマネジメント
  • 6.サプライヤーへの展開
  • 7.地域や社会への貢献
  • 8.社内の取組体制の構築

サプライチェーンESGプログラム

航空運送をはじめとするJALグループの事業は、多種多様なお取引先さまのサプライチェーンによって支えられています。このサプライチェーン全体において、ESGの観点で重大なリスクと影響を特定し対処するため、サプライチェーンESGプログラムを運用しています。

取り組みのポイント

・取締役会での目標設定と進捗状況の確認およびリスク管理、・JALグループサプライヤー行動規範の遵守状況に応じた購買活動、・調達担当者の教育

プログラムの内容

(1) 取締役会での目標設定と進捗状況の確認およびリスク管理

プログラムの取り組みは、取締役会や社長を議長とするサステナビリティ推進会議にて目標を設定し、調達担当役員のもと進捗状況の確認およびリスク管理を通じて推進しています。

推進体制についてはこちらをご参照ください。

(2) JALグループサプライヤー行動規範の遵守状況に応じた購買活動

サプライヤーに対しては、以下の主な取り組みに示すサプライヤーアセスメントを通じてJALグループサプライヤー行動規範の遵守状況を確認し、それに応じた購買活動を実施しています。

当社の購買活動においては、JALグループサプライヤー行動規範をご理解の上、遵守していただけるよう助言やサポートを行い、定められた期限までに是正措置を実施していただく、もしくは是正措置計画を提出していただくことを、今後の取引を続ける上での必須要件としています。遵守状況が確認されなかった場合は、取引(契約)の見直しを検討しています。

また、ESGの取り組みが進んだサプライヤー(商材)の優先的な選定を実施しています。サプライヤー選定時およびその後も、品質、価格、納期の評価に加え、サプライチェーンESGプログラムの評価をふまえてサプライヤーの選定を実施しています。一例として、ESGの適合が確認された認証品として、2018年9月より森林資源に配慮された国際的な認証を受けた木材や紙製品、2019年6月よりMSC認証*1やASC認証*2の認証品の採用を開始しており、引き続き認証品採用の拡大に向けた調達を進めています。

1 水産資源や海洋環境に配慮し適切に管理された、持続可能な漁業に対する、海洋管理協議会(Marine Stewardship Council)による国際的な認証制度
2 環境に負担をかけず地域社会に配慮して操業している養殖業に対する、水産養殖管理協議会(Aquaculture Stewardship Council)による国際的な認証制度

(3) サプライチェーンESGプログラムの社内調達担当への教育

調達本部では、サプライチェーンESGプログラムの進捗管理をはじめ、JALグループ内のESGに関する取り組みの共有、JALグループ全体で認識している課題の解決に向けた検討などを行うとともに、調達担当者へのプログラム内容の教育を進めています。2022年度は、すべての調達本部員(約120名)に教育を実施しました。これらの取り組みを通じて、健全なサプライチェーンの構築に向けた研鑽に取り組んでいます。

【教育実績の一例】

  - 気候変動の影響について
  - 環境マネジメントシステム (EMS)について
  - 使い捨てプラスチックの削減の取り組みについて
  - アニマルウエルフェア等の概念や生物多様性保全の考え方について

主な取り組み

サプライチェーンESGプログラムでは、サプライヤーのESGリスクなどの大小に応じてサプライヤーへのアセスメントと支援の取り組みを行っています。

サプライヤーアセスメント

(1) 全サプライヤーに対して

JALグループサプライヤー行動規範を提示し、ご理解と遵守の依頼を行っています。その他に、外部指標などを適宜用いながらサプライヤーのアセスメントを実施しています。

(2) 主要サプライヤーに対して

主要サプライヤーとは、コンプライアンス・事業慣行・人権・環境をはじめ、労働状況といった商材やセクター固有の特性・国や地域におけるESGの観点からリスクが高いと判断したサプライヤーのことを言います。加えて、調達金額や調達量をはじめ、航空運送事業に不可欠な航空機や燃油、お客さまにお召し上がりいただく機内食や、機内でご使用いただく客室サービス用品といった商材の重要性や代替不可能性といった事業活動に関係の高いものも考慮して選定しています。

主要サプライヤーに対しては、以下のアセスメントを行い遵守状況を確認しています。

デスク調査の実施

JALグループサプライヤー行動規範の遵守状況の確認は、2015年に加盟したSedex Information Exchange Limited(以下Sedex*3)が提供するCSR情報プラットフォームを利用し、お取引先さまに対してSedexの自己評価アンケートへの回答をお願いしています。これに加え、2019年度からは当社独自の自己評価アンケート(JAL調査票)を送付し、JAL調査票への回答を通じた遵守状況の確認を進めています。また、2021年度から新たに導入したSAP Aribaを通じても、オンライン上でJALグループサプライヤー行動規範の周知と確認を進めています。今後も継続的に、当社が求める基準(ESG要件)に反していないか、アンケートを通じてJALグループサプライヤー行動規範の遵守状況を確認していきます。

3 サプライチェーンにおける責任あるビジネス慣行の実現を目指し、企業の倫理情報を管理、共有するプラットフォームを提供する2004年に英国で設立された非営利団体(Supplier Ethical Data Exchange)

現地訪問の実施

JALグループサプライヤー行動規範の遵守状況の確認にあたっては、担当バイヤーが現地に赴き、既にご回答をいただいた自己評価アンケート(JAL調査票)について結果を共有するとともに、是正措置の進捗状況を現地で確認しています。

第三者による監査の実施

JALグループでは、アセスメントフローの一つとして、外部機関による監査を実施しています。2019年度には、2020年4月の制服刷新に備え第三者機関へ委託し、制服を提供していただくお取引先さまへSMETA監査*4を実施しました。監査結果をもとに、早急な改善が望まれる項目に対しては改善要請を行い、お取引先さまと協力しながらすべての要請事項を改善に導きました。

4 SMETA監査(Sedex Members Ethical Trade Audit)とは、グローバルサプライチェーンにおける企業倫理の向上を目的として策定された監査スキームで、国際標準として広く受け入れられています。この監査を受けることにより、国際標準に照らし合わせて企業の強み・弱み(不適合)を識別し、企業のさらなる改善に向けた必要なアクションを明確にすることが可能です。詳細はSedex公式ウェブサイトをご覧ください。

2022年度末までにすべての主要サプライヤー461社に対して、遵守状況に問題がないことを確認しました。
(詳細については、「取り組みの実績」をご参照ください。)

サプライヤーへの支援

健全なサプライチェーンを構築するためには、JALグループサプライヤー行動規範の理解を深めていただくだけでなく、サプライヤー自身の成長も欠かせないと考えています。そのため、全サプライヤーを対象に以下のような取り組みを行っています。

サプライチェーンESGプログラムの周知

全サプライヤーへ、本取り組みを当社Webサイト上にてお知らせをしています。また、お取引先さまとの情報共有・意見交換の場として「お取引先さま連絡会」を定期的に開催しています。2019年度には外部講師をお招きし、ESG/SDGsに関する啓発活動を実施しました。2020年度以降はオンライン説明会を開催し、JALグループサプライヤー行動規範のご理解と遵守のお願い、CO2排出量削減に向けたSAFの調達などJALグループ全体で進めている取り組みを周知しました。2022年度は39社のお取引先さまにご参加いただきました。お取引先さまのESG/SDGsに関する理解のさらなる向上に向けてサプライチェーンESGプログラムの普及に努めていきます。

サプライヤーへのベンチマークの事例の提供

サプライヤーがよりよいESGパフォーマンスを発揮するためには、同業他社の取り組み状況を把握することも重要と考えており、自己評価アンケートの結果を評価し、同業他社との比較を含めたフィードバックを実施しています。2022年度は、機内食をご提供いただくサプライヤーに対してベンチマークの提供を行い、他社での取り組み事例の紹介などを行いました。今後も、サプライヤーがベンチマークにアクセスできるような環境を整えていきます。

<ベンチマークの事例>

サプライヤーへのテクニカルサポート

回答していただいたJAL調査票やSedexの自己評価アンケートの結果を評価し、評価が当社の求める基準を満たさない(ESG上リスクがあると考えられる)サプライヤーについては、当社からコミュニケーションを行い、JALグループサプライヤー行動規範の基準を充足していただくよう連携して改善策を検討しています。お取引先さまの業務形態にあわせて、日々の面談、電話、メール、訪問等を通じて、推進体制の構築準備やESGの取り組みに関する情報開示等について、自社での経験をもとに助言を行うなどのサポートを実施しています。

JALサプライヤーホットライン

JALグループは、お取引先さまとともに法令遵守や地球環境保全、人権尊重、適正な労働慣行、公正な事業慣行など、持続的なサプライチェーンの構築に努めています。サプライヤーアセスメントだけではなく、お取引先さまおよびその従業員の方からの相談・通報を受け付ける「JALサプライヤーホットライン」を設置し、お取引先さまの従業員が相談や通報を直接JALグループに届けられる仕組みを整備しています。ホットラインは日本語、英語、中国語での受付に対応しています。

実績

JALグループのサプライチェーン

JALグループでは、グローバルに広がるサプライチェーンで、年間約1兆円の取引を行っています。

(2022年度実績)

地域別調達購入比率
製品カテゴリ別調達購入比率

取り組みの実績

■サプライヤースクリーニングのKPI

こちらの表は横スクロールできます
サプライヤースクリーニング 2022年度
1次サプライヤーの数 4362社
主要1次サプライヤーの数 443社
主要1次サプライヤーの支出割合(%) 65%
主要非1次サプライヤー総数 18社
主要サプライヤーの数(1次+非1次) 461社
こちらの表は横スクロールできます

■サプライチェーンESGプログラムの範囲と進捗状況

こちらの表は横スクロールできます
アセスメント 2022年度
デスク調査や現地訪問を通じて評価されたサプライヤーの数 461社
(目標:461社)
評価された主要サプライヤーの割合(%) 100%
当社の基準を満たさないと評価されたサプライヤーの数 93社
当社の基準を満たさないと評価されたサプライヤーのうち、
是正措置計画を提出いただいたサプライヤーの割合(%)
100%
当社の基準を満たさないと評価されたサプライヤーのうち、
是正措置計画を完了したサプライヤーの数
93社
こちらの表は横スクロールできます

■サプライヤーの是正措置計画の範囲と進捗状況

こちらの表は横スクロールできます
是正措置計画の実施のサポート 2022年度
是正措置計画の実施をサポートしたサプライヤーの数 93社
(目標:93社)
是正措置計画の実施をサポートしたサプライヤーの割合(%) 100%
こちらの表は横スクロールできます

■支援を行ったサプライヤーとその進捗状況

こちらの表は横スクロールできます
サプライヤーへの支援 2022年度
支援を行ったサプライヤーの総数 461社
支援を行ったサプライヤーの割合(%) 100%
こちらの表は横スクロールできます
ページの先頭へ移動