このページの本文へ移動

JALでは、グループ全体でダイバーシティの推進を行うことを目的として、2015年9月から組織横断プロジェクトとして「JALなでしこラボ」を立ち上げました。2019年11月からは名称を変更し、女性をはじめとする多様な人財の活躍を促進する施策を検討する「JAL D&Iラボ」として活動を行っています。

JAL D&Iラボは「グループプロジェクト」と「ラボプロジェクト」の2つの柱で活動しています。 「グループプロジェクト」ではJALグループ各社のダイバーシティ推進担当者が中心となって活動を行い、女性活躍推進をはじめ多様な人財の活躍に向けた情報共有や意見交換を実施しています。「ラボプロジェクト」では、全国各地のJALグループ会社から組織横断的に集まったメンバーがD&Iに関するテーマごとにチームで研究活動を行っており、社員目線の自由な発想で施策の立案、実証、効果の検証を行ったうえで、経営層に対し研究成果を提言として発表しています。

また、ラボプロジェクトの研究では、他社や社外の有識者とも協力し活動を進めています。

過去の取り組み

今後も、経営層からのトップダウン型の取り組みと合わせ、多様性を尊重する風土を醸成し、 社員自らがボトムアップで提言を行うことを通じ、新たな価値創造につなげます。

ページの先頭へ移動