このページの本文へ移動

お客さまとともに

国内線の一部の空港ではお手荷物をまとめるための袋をご用意しています

お客さまの声

「飛行機での旅行が大好きなのですが、冬場は荷物が多くなるのが悩みです。特に帰りはお土産やコートがかさばるので少し大変です。何かいい方法はないでしょうか。」(30代女性)

JALグループからお客さまへ

JALグループでは、お客さまに空の旅をよりお楽しみいただけるよう、空港や機内でさまざまな取り組みを実施しています。
JALグループ国内線の空港では、機内のお座席の足元や上の棚に直にお手荷物を置くのは衛生面が気になるというお客さまのために、お鞄やコート類などのお召し物を入れていただける不織布製の「お手荷物専用収納袋」を搭乗口に、ご用意しています(一部空港は搭乗口以外の場所にも配備)。
また、機内で安全・快適にお過ごしいただくために、お持ち込みになれる手荷物の大きさや個数を制限させていただいておりますが、機内でも上の棚に収納でき、スペースを有効に活用できるようマチが広く高さがある収納袋も配備する予定です。
冬場はコートなどのお荷物が増えますが、JALのご用意する“お手荷物専用収納袋”に、お客さまのお手荷物、お土産、お召し物を入れていただくことで、より安心で、スマートなご搭乗をご体験ください。
JALグループはこれからも、お客さまに快適な空の旅をお楽しみいただけるよう努めてまいります。

ページの先頭へ移動