About 調達情報

JALグループは、2010年8月から、日本航空調達本部による調達業務の一元化に取り組んでいます。調達業務一元化の主な目的は以下のとおりです。

  1. 集中購買による調達費用の削減
  2. 調達業務プロセスの標準化・効率化
  3. 公正公明で開かれた調達体制の構築

なお、一部の調達業務については、効率化を目的として、外部の調達支援サービスを活用する場合もございます。

お取引先さまとともに

私たちは、お客さまに提供する日々の航空機運航、サービスや商品が、お取引先さまのご協力、ご支援により成り立っていることを認識し、公正公明な調達を心掛けるだけでなく、常に感謝の心を持ってお取引先さまと接することにより、相互信頼に基づく良好なパートナーシップの構築に取り組んでいます。

  1. 公正公明な調達 お取引先さまの選定にあたっては、お取引先さまが提供するサービス・製品の品質・価格・納期をはじめ、企業としての信頼性、社会的責任(CSR)への取り組み状況等を総合的に評価致します。また、国内外のいかなるお取引先さまに対しても幅広く取引の機会を設け、常に公正公明な調達を行うよう心掛けています。
  2. お客さまに安全・安心なサービスを提供する為に すべてのお客さまに安心してご搭乗いただくために、お取引先さまと共に「安全」を最優先する文化を醸成するとともに、最高のおもてなしを提供できるよう徹底した品質管理を推進しています。
  3. 企業の社会的責任(CSR)に配慮した調達活動の推進 「JALグループCSR基本方針」に基づき、お取引先さまと共に、法令遵守、地球環境保全、人権尊重、適正な労働慣行、公正な事業慣行、消費者課題への取り組み等、CSRに配慮した調達活動を推進しています。

JALグループサプライヤー行動規範

これまでお取引のあるすべてのお取引先さまに、「JALグループサプライヤー行動規範」のご理解・遵守をお願いしてまいりましたが、持続可能性に配慮した調達活動をさらに推進していくため、2019年7月に内容を改定しました。

お取引先さまとの連携

JALグループは中期経営計画のローリングプランにおいて、2030年のSDGs(※1)達成に向け、事業を通じて社会の課題解決に取り組んでいくことを目指し、取り組みを進めてきております。また、お取引先さまとはJALグループのグローバルパートナーとしてサプライチェーン全体でのSDGs達成のための共同の取り組みや、国際的な関連法を踏まえ、JALグループと同様の人権を含む社会・環境・企業統治(ガバナンス)と言った社会的責任への一層の配慮をお願いしております。

JALグループでは、サプライチェーンの状況をより詳細に把握し、お取引先さまの取り組み状況を確認するため、世界最大規模の企業倫理情報プラットフォームであるSedex(※2)を活用しています。お取引先さまの皆さまにはSedexへのご登録と、Sedexを通じた弊社とのCSR情報やビジネス慣行における情報の共有をお願いしています。

※1 SDGs
SDGs(エスディージーズ)とは「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称であり、2015年9月に国連サミットで採択された2030年に向けて国際社会が取り組むべき17の目標です。
※2 Sedex
2004年に英国で設立された、サプライチェーンにおける責任あるビジネス慣行の実現をめざし、企業の倫理情報を管理・共有するプラットフォームを提供する非営利団体(Supplier Ethical Data Exchange)。
現在、世界最大規模となる150カ国、28以上の業界の約40,000の企業/団体/工場/自営業者等が会員となっています。

2018年度活動進捗

① サプライヤー自己評価アンケート 回答社数 150社
② サプライヤー監査(SMETA監査)実施社数 7社
③ サステナビリティに関してトレーニングを受けた調達部門社員のトレーニング実施比率 100%