About 制服の歴史

制服の歴史

1966−
JAL地上職のユニフォームを創立時からさかのぼってご紹介いたします。
  • 1966−
    1969

    初代制服
    1966年〜1969年

    3代目の客室乗務員と同じ制服を着用し、サービスを行っていた。デザイナーは伊東 茂平さん。

  • 1969.6−
    1973.12

    2代目制服
    1969年6月〜1973年12月

    スカイブルーとネイビーブルーがすっきりデザインされている。夏用、冬用があり、寒い日のためにマントも用意されていた。
    デザインは森英恵さん。

  • 1974.1−
    1987.12

    3代目制服
    1974年1月〜1987年12月

    鶴柄プリントのブラウスを採用。色調によって各職種を識別できるのが特徴。
    カウンターエージェントは紺と赤。一般職は紺と白。

  • 1988.1−
    2004.3

    4代目制服
    1988年1月〜2004年3月

    色は、キリッとしまった濃紺。ツートンカラーの帽子とスリットが入ったタイトスカート。上着はウエストを絞ったスタイル。カーディガンもあり。
    デザイナーは島田 順子さん。

  • 2004.4−
    2013.5

    5代目制服
    2004年4月〜2013年5月

    コンセプトは「日本の伝統と誇り、空への想い」
    ジャケットには礼服に用いられた「菱紋」を織り込み、スカーフには「青海波紋」を取り入れ海と空の向こうに広がる幸福を表現。

  • 2013.6−

    6代目制服
    2013年6月〜

    客室乗務員と同じデザイナーによる制服開発は初。ジャケットは八分丈、シャツは半袖、七分丈の2タイプで、色はピンクとブルーの2色。ラウンジ用のジャケットは、明るく華やかなオフホワイト色に桜の刺繍入り。デザイナーは丸山敬太さん。