CSR 環境方針と行動計画

環境方針と行動計画

私たちは環境保護のために重要な項目を見つけ出し、そのために何をすべきかという活動計画を立てています。そんな私たちの考え方と決意をまとめたものが、「環境方針」と「行動計画」です。

JALグループ環境方針

環境は、すべての生き物が地球上で命を育むために、守らなければならないものです。
JALグループは、行動規範「社会への約束」にて掲げた「豊かな地球を次世代へ」を実現するため、本方針の下、推進体制を構築し、社会の一員として環境の保全に取り組むとともに、それを妨げる事象の未然防止に努めます。


<JALグループ行動規範「社会への約束」 豊かな地球を次世代へ>

1.JALグループは、航空輸送事業が環境に大きな影響を与えているという事実と真摯に向き合い、この豊かな地球を次世代に引き継ぐ責任を果たすために、社員一人ひとりの意識を啓発し、あらゆる場面で環境の保全に取り組みます。

<法令の遵守>

2. JALグループは、環境に関する法令や条例、国際条約等の規範、業界・自社の基準を遵守します。

<環境負荷低減>

3. JALグループは、環境マネジメントシステムを構築し、以下の取り組みを確実に実行することで環境の負荷を低減していきます。

(1)気候変動への対応
 ①航空機からのCO2排出量を削減します。
 ②地上施設、地上車両等からのCO2排出量を削減します。
(2)限られた資源の有効利用
 4R(Refuse/Reduce/Reuse/Recycle)の考えを徹底し、食品廃棄やプラスチック製品利用の削減等、
 事業のあらゆる場面で資源を有効に利用します。
(3)環境汚染の防止
 ①廃棄物を削減し、環境汚染を防止します。
 ②有害化学物質等を適切に管理し、環境汚染を防止します。
(4)騒音の低減
 ①低騒音機材への更新を進めます。
 ②騒音軽減運航方式を積極的に検討、導入します。
(5)生物多様性の保全
 ①生物多様性の保全にむけ、航空運送事業に携わるものとしての責任を果たします。
 ②事業活動による環境負荷を抑制し、生態系への影響を最小にします。

<環境技術の追求>

4. JALグループは、環境の課題解決に向け、ステークホルダーとの連携を通じて、バイオジェット燃料の製造開発の促進等、環境に配慮した技術を追求します。

<意識啓発>

5. JALグループは、環境への意識を啓発し向上することを目的として、すべての役員・社員に対して適切な教育・研修を行います。また、社会に向けた啓発活動を積極的に推進します。

<情報開示>

6. JALグループは、自社の環境負荷や取組状況を誠実かつ積極的に開示し、ステークホルダーと対話します。

<継続的改善>

7. JALグループは、自らの事業が環境に与える影響と環境保全の取り組みの成果を定期的に評価し、取り組みに反映することで継続的な改善に努めます。


※ 本方針は2019年8月1日より適用する。

2019年度環境行動計画

法令順守

  • 国内外の法令・条例・条約を順守します
  • JALグループ環境管理規程及び関連規則の改定と規程に則った運用実施します。

環境負荷低減

(1) 気候変動への対応

  • 2020年度までにJALグループ航空機の有償トンキロ当たりCO2排出量を2005年度対比23%削減するよう努力します。
  • 省燃費機材への更新を進めます。
  • エコフライト活動、搭載物の軽量化、エンジンの水洗い等の諸施策によるCO2排出量の削減に努めます。
  • 各国の航空管制等の関係省庁や当局と協力し、燃料効率の優れた先進的な運航方式を、今後も積極的に導入します。
  • 地上車両からのCO2総排出量の削減に努めます。
  • 地上施設(オフィス、工場等)における省エネルギー活動を推進します。

(2)限られた資源の有効利用

  • 水の使用量の削減に努めます。
  • 食品廃棄物の削減に努めます。
  • プラスチック利用の削減に努めます。
  • デジタル化を進め、紙の削減に努めます。

(3) 環境汚染の防止

  • 国内事業所から発生する産業廃棄物の最終処分率は2%以下にします。
  • 環境影響化学物質(PRTR法対象)の取扱量および排出量の削減に努めます。
  • 航空機からのNOx等の排出物削減に努めます。

(4) 騒音の低減

  • 低騒音機材(ICAO騒音基準チャプター14適合)への更新を進めます。
  • 騒音軽減運航方式を積極的に導入します。
  • 空港別の騒音問題に積極的に対応します。

(5) 生物多様性の保全

  • 事業活動を行う地域において、環境負荷を抑制し、生態系に与える影響を最小とするよう努めます。
  • 外来種生物等の移送が生態系の脅威となる危険性を常に考え、予期せぬ輸送の防止に努めます。
  • 事業活動のために入手したり引渡したりする物資について、その採取、製造、輸送、処分、廃棄など社外での過程における取扱い状況を十分把握し、生態系に悪影響を及ぼさないよう努めます。
  • 生物多様性の重要性について社内外の意識啓発をします。

環境技術の追求

  • バイオジェット燃料の実用化に向けて積極的に取り組みます。
  • 地球のCO2濃度をモニターし、地球温暖化メカニズムを解明する研究への協力として、航空機による大気観測プロジェクト(CONTRAIL)に引き続き参画します。
  • 環境負荷の小さい未来の航空機や運航方式の研究・開発に協力します。

意識啓発

  • 社員参加の環境活動や社員とその家族に対する環境教育を積極的に推進します。
  • 次世代を担う子どもたちへの環境啓発プログラム「空育」を継続して実施します。

情報開示

  • ステークホルダーとの対話を継続します。
  • 企業サイト掲載のCSR情報拡充と検索性向上します。