このページの本文へ移動

JAL’s History 1971年

1971-1980
皆さまとともに歩んできたJALの創立からの歴史を年表形式で振り返ります。


4月2日
大阪-プサン線開設。
5月29日
伍堂輝雄会長が退任し、松尾静磨社長が会長に、朝田静夫副社長が社長に、それぞれ就任。
6月3日
皇太子殿下(上皇陛下)ご夫妻の親善訪問のため、アフガニスタン特別飛行。 ~06.12
7月1日
DC-8F型貨物専用機、サンフランシスコ線に就航。
福岡=札幌線を開設(B727型機)。
9月1日
グアム線、大阪寄港開始(週6便の東京=グアム線のうち、週3便が東京=大阪=グアムに)。
9月27日
昭和天皇・香淳皇后の欧州7カ国親善ご訪問のため、特別便(DC-8-55型機)を運航。 ~10.14
11月1日
ナパ運航乗員訓練所開設

2月2日
横井庄一・元日本兵のグアムからの帰国に、特別便を運航(グアム-東京)。
3月1日
国際線(B747型機)に、初の禁煙席新設。
4月1日
アンカレジ経由ニューヨーク線開設(DC-8-62型機)。
4月3日
バンクーバー経由メキシコ線開設(DC-8-62型機)。
モスクワ経由コペンハーゲン線開設(DC-8-62型機)。
5月15日
沖縄本土復帰にともない、沖縄線を国内線へ編入。
6月3日
福岡=鹿児島=香港線開設。
8月1日
B747型機、国内線初の定期便として東京=沖縄(那覇)線に就航。
10月28日
カンカン、ランランの2頭のジャイアントパンダ空輸のため特別便を運航

4月3日
エールフランス航空との共同企画便、東京=パペーテ(タヒチ)間第1便就航。 ~1977.03
7月21日
404便(B747/JA8109)アムステルダム空港を離陸直後ハイジャックされ、24日ベンカジ空港で爆破される
10月7日
B747-SR型機(初の近距離ジャンボ機)、東京=沖縄(那覇)線に就航。
10月18日
沖縄国際海洋博覧会のオフィシャル・エアラインに指定される。

4月1日
モスクワ経由ローマ線開設(DC-8-62型機)。
4月5日
モスクワ経由フランクフルト線開設(DC-8-62型機)。
9月29日
中国線定期第1便(東京=北京)を運航(DC-8-62型機)。
10月1日
B747-200F型貨物専用機、太平洋線(東京-サンフランシスコ-ニューヨーク-アンカレジ-東京)に就航。
11月25日
ボーイング社より、B747-SR型機定時出発率の優秀性(99%)について表彰される。

2月20日
皇太子殿下(上皇陛下)ご夫妻のネパール訪問のため、特別便を運航。 ~02.28
7月17日
皇太子殿下(上皇陛下)ご夫妻の沖縄国際海洋博覧会開会式出席のため、東京-沖縄(那覇)間特別便を運航。 ~07.19
7月21日
アジア学生のための「JALスカラシップ」発足
8月8日
日台路線の運航のため、日本アジア航空(株)設立。
9月15日
日本アジア航空の1番機、東京-台北間に就航。
9月30日
昭和天皇・香淳皇后の米国親善訪問のため、特別便(DC-8-50型機)を運航。

4月16日
モーゼスレイク-東京間、牛58頭をバルク搭載方式で初の空輸。
6月8日
皇太子殿下(上皇陛下)ご夫妻のヨルダン・ユーゴスラビア・英国訪問のため、特別便を運航。
7月1日
DC-10型機、東京=札幌線・東京=福岡線に就航。
7月26日
日本アジア航空、大阪=台北=香港線・大阪=台北線・東京=大阪=台北=マニラ線開設。
9月1日
福岡=ソウル線開設(DC-8-61型機)。
10月22日
昭和天皇・香淳皇后の佐賀秋季国体ご臨席のため、東京-福岡間特別便を運航。

4月1日
日航特選旅行を「日航ジェットプラン」と改称、国内旅行開発(株)に業務移管DC-10型機、ニューヨーク線(東京=アンカレジ=ニューヨーク)に就航。
5月19日
大阪国際空港に大型機(B747-SR型機)就航(東京=大阪線)。
7月7日
北回りコペンハーゲン経由フランクフルト線開設(B747型機)。
10月1日
女性客室乗務員の制服改定(デザイン森英恵/紺のワンピース)。
東京=グアム線、サイパン寄港開始(DC-8-50型機)。
名古屋=ソウル線開設(DC-8型機)。

4月1日
大阪=東京=ホノルル線開設(DC-8型機/B747型機)。
5月22日
新東京国際空港(成田)出発1番機(947便)、サイパン・グアムへ向け出発。
6月1日
国内線全線に禁煙席導入。
6月8日
東京(成田)発着国内線(東京(成田)=札幌線・東京(成田)=大阪線・東京(成田)=福岡線)の運航開始。
6月20日
ブラジル線(東京(成田)=サンパウロ=リオデジャネイロ)開設(DC-8-62型機、隔週1便運航)。
8月1日
太平洋線にスカイスリーパー導入。

3月26日
「非常救護実技訓練センター」(EVAC-1)羽田に完成
4月1日
チューリヒ線(東京(成田)=コペンハーゲン=チューリヒ)開設(B747-LR型機)。
4月2日
東京(成田)=鹿児島=香港線開設(DC-8-61型機)。
7月2日
東京(成田)=プサン線開設(DC-8-62型機)。
9月11日
東京(成田)=長崎=上海線開設(DC-8-62型機)。
9月26日
熊本=ソウル線開設(DC-8型機)。
11月22日
日本アジア航空、沖縄(那覇)=台北線開設(DC-8-61型機)。
12月12日
新潟=小松=ソウル線開設(B727型機)。

2月14日
550席のB747-SR型機(世界最大座席数)、東京=沖縄(那覇)線に就航。02.15 沖縄(那覇)-東京間904便で、搭乗旅客550名を記録。
7月3日
福岡=プサン=ソウル線開設(DC-8-61型機)。
7月4日
ニュージーランド線(東京(成田)=ナンディ=オークランド)開設(DC-8-62型機)。
7月7日
マドリード線(東京(成田)=アンカレジ=コペンハーゲン=マドリード)開設(B747型機)。
9月1日
太平洋線・北回り欧州線・シドニー線・オークランド線・モスクワ線に、3クラス制導入。
11月1日
名古屋=福岡=香港=シンガポール線・名古屋=鹿児島=香港=シンガポール線・福岡=沖縄(那覇)=香港=シンガポール線開設。

関連リンク

ページの先頭へ移動