このページの本文へ移動

ISO26000対照表

ISO26000は、2010年11月に国際標準化機構(ISO)より発行された、企業を含む組織が社会的責任に配慮した活動を行う上での指針を示す、「社会的責任に関する手引き(ガイダンス)」です。ISO26000では、社会的責任の原則について、1.説明責任、2.透明性、3.倫理的な行動、4.ステークホルダーの利害の尊重、5.法の支配の尊重、6.国際行動規範の尊重、7.人権の尊重、と説明した上で、以下の7つの中核主題を示し、それぞれにおける対応指針が説明されています。

こちらの表は横スクロールできます
中核主題 課題 Webサイト
掲載箇所
6.2
組織統治
組織統治
6.3
人権
デューディリジェンス
人権に関する危機的状況
加担の回避
苦情解決
差別および社会的弱者
市民的および政治的権利 -
経済的、社会的及び文化的権利
労働における基本的原則及び権利
6.4
労働慣行
雇用及び雇用関係
労働条件及び社会的保護
社会的対話
労働における安全衛生
職場における人材育成及び訓練
6.5
環境
汚染の予防
持続可能な資源の利用
気候変動緩和及び適応
環境保護、生物多様性及び
自然生息地の回復
6.6
公正な
事業慣行
汚職防止
責任ある政治的関与 -
公正な競争 -
バリューチェーンにおける
社会的責任の推進
財産権の尊重
6.7
消費者課題
汚職防止公正なマーケティング、
情報及び契約慣行
消費者の安全衛生の保護
持続可能な消費
消費者に対するサービス、支援、
並びに苦情及び紛争の解決
消費者データ保護
及びプライバシー
必要不可欠なサービスへのアクセス -
教育及び意識向上
6.8
コミュニティへの参画
および
コミュニティの発展
コミュニティへの参画
教育及び文化
雇用創出及び技能開発
技術の開発及び技術へのアクセス -
富及び所得の創出
健康
社会的投資
ページの先頭へ移動